「達観」の意味と使い方!「達観してる人」とは?【例文つき】

「達観」という言葉を聞いた事があるでしょうか?

よく、最近の若者を指して、「悟り世代」とか「達観している」と表現する場合があります。

また、「達観している人」というように、人の性格や印象を説明する際にも使われることがありますよね。

でも、「達観」とは、具体的にどのような意味を持っているのでしょうか?

とても気になりますよね!

という事で、今回は「達観」の意味と使い方!「達観してる人」について、ご説明致します

【スポンサーリンク】

「達観」の意味と使い方

「達観(たっかん)」の意味を調べてみました。

一つ目は、「広く大きな見通しをもっていること。遠い将来の情勢を見通すこと」

二つ目は、「目先のことや細かなことに迷わされず、真理・道理を悟ること。俗事を超越し、さとりの境地で物事にのぞむこと」

という意味があります。

「世界情勢を達観する」というのは、一つ目の「広く大きな見通しをもっていること」の意味で使われています。

これは、「俯瞰する」と似た使われ方ですね。

次に、「人生を達観する」というのは、二つ目の「悟りの境地で物事にのぞむ」という意味になります。

こちらの方が 一般的に「達観」の意味で使われていると思います。

「悟っている」「超越している」などと同じように使われています。

「達観」によく似た言葉で「諦観(ていかん)」があります。

これは、「達観」と同じで、「本質を明らかに見て取ること」や「悟りの境地にあって物事をみること」という意味があります。

ただ、「諦観」は漢字に「諦める」が使われているように、「諦めて、悟る」という意味合いが強くなります。

なので、「絶望を受け入れる」とか「観念する」という意味でも使われているようです。

「達観」と「諦観」を上手く使い分けてみましょう。

【例文】

  1. 私は先輩のように、人生をそこまで達観できない。
  2. 最近の若者は、どこか諦めたような達観した人が多い。
  3. 僕の友人は、時おり妙に達観したような発言をする癖がある。
  4. 彼はまだ幼いにもかかわらず、達観の境地に至っているように感じた。
  5. 国際情勢を達観すると、実は対話と共存への傾向を強めていると言って良い。

【類語】

  • 悟り
  • 諦観
  • 俯瞰
  • 通覧
  • 解脱
  • 超越

「達観している人」とは?

「達観」は、

「あの人は、 生死を達観している 」

「○○さんは、人生を達観している人だ」

というように、「達観している人」と使われることが多いですよね。

でも、「達観している人」とは、具体的にどんな人の事を言うのでしょうか?

調べた結果、はっきりとした定義はありませんでした。

しかし、だいたいのニュアンスとしては以下が挙げられると思います。

  • 悟りを得た人
  • 少しの事で動じない人
  • 冷静な人
  • 仙人のような人
  • 大人っぽい人
  • 客観的に物事を見る人

どれもどちらかと言えば、良いイメージですよね。

しかし、「達観している人」という言葉には、どこか皮肉めいたニュアンスもありますよね。

「あの人はやけに達観している」などと言うと、特に皮肉な印象を受けます。

これは、冷静な人や、悟りきった人などを、少し冷やかすような意味でも使われているからのようです。

あまり親しくない人に「達観している人」と言うと、誤解を生む可能性があるので、注意しましょう。

「達観」の反対語は何でしょうか?

それは「執着」だと言えます。

「達観」が何物にもとらわれず、動じない事を表すのに対し、「執着」は一つの事にこだわる様子を表しています。

【スポンサーリンク】

まとめ

いかがでしたか?

「達観」という言葉の意味を調べてみました。

人生を悟っていたり、少しの事で動じない人、そんな人になってみたいものです。

「達観」と言うと、遠いイメージがありますが、最近「悟り世代」という言葉もよく耳しますよね。

最近の若者が「ゆとり世代」から変化し、「悟り世代」とか「達観している」と言われる理由は、一般的に欲が無く、堅実で高望みしない傾向があるからだそうです。

いずれ、「達観」しているのが普通になる時代も来るかもしれませんね。

宜しければ参考にしてみてください。

【スポンサーリンク】

この記事が役にたったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 − 6 =