「ご健勝」「 ご清祥」「ご多幸」の意味の違いと使い方!

突然ですが、手紙によく使われる「ご健勝」「ご清祥」「ご多幸」の意味や使い方ってご存知ですか?

「ご健勝」「ご清祥」「ご多幸」って、目上の人に書く手紙によく出てきますよね。

こういう手紙って、ルールが沢山あるので、スラスラ書ける人の方が少ないのではないでしょうか…?

でも社会人になると、どうしてもそういう機会は巡ってくるもの。

せっかく書く手紙なので、常識が無いなんて思われたくありません…。

また、相手にも失礼のないようにしたいですよね!

今回は「ご健勝」「ご清祥」「ご多幸」の意味の違いと使い方について説明致します!

【スポンサーリンク】

「ご健勝」「 ご清祥」「ご多幸」の意味

「ご健勝」「 ご清祥」「ご多幸」の意味を辞書で調べてみました。

いずれも目上の人に書く手紙で使われ、相手の健康や幸せを願う敬語です。

「ご健勝」体が丈夫で元気なさま。すこやか。

「ご清祥」手紙文で、相手が幸福に暮らしていることを祝う意味で用いる語。

「ご多幸」とても幸せであること。幸の多いこと。多福。

似ているようですが、少しづつ意味が違う事が分かりますね。

具体的にどのような場面で使われるのか、見ていきましょう。

「ご健勝」「 ご清祥」の使い方

手紙の基本的なルールとして、最初からすぐに用件に入るのはマナー違反です。

「拝啓」などが代表的ですが、まず「頭語」という挨拶の言葉を描きます。

その次に書くのは「残暑の候」など、季節の挨拶をする「時候のあいさつ」とされています。

そのあと、相手側の健康や繁栄を祝福する「ご健勝」「ご清祥」などの「慶賀のあいさつ」が続きます。

「○○様におかれましては、ますます(ご健勝/ご清祥)のこととお喜び申し上げます。」

といった感じです。

この場合、様々な組み合わせで幾通りもの言い回しが出来ます。

「ご健勝」「ご清祥」の他にも代わりになるたくさんの言葉があります。

読み方が難しい字もありますが、意味も少しづつ異なってくるので色々と応用してみましょう。

ここで注意すべきなのが「ご健勝」は個人や家族の健康を祝う言葉であるという点です。

なので、企業や組織に対しては使えない事になっています。

「拝啓、貴社におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。」

というように間違って会社宛てに書いてしまわないように注意しましょう。

代わりに発展を意味する「ご隆盛」や「ご繁栄」を使うのが良いとされています。

また、「ご清祥」も個人に向けた言葉なので、企業に対しては、「ご清栄」や「ご発展」を使う方が良いとされています。

「時候の挨拶」「慶賀の挨拶」と一通り書いた後は、本題に入らないといけませんよね。

本題に入る際に、話題を変える文句として便利なのが「さて」や「このたびは」です。

ぜひ使ってみましょう。

【例文】

  1. 皆さまご健勝のこととお慶び申し上げます。
  2. 皆様にはいよいよご清祥にお過ごしのこととお喜び申し上げます。
  3. ご一同様におかれましては一段とご健勝にお過ごしのことと拝察いたします。

【類語】

  • ご清福
  • ご隆昌(りゅうしょう)
  • ご壮健
  • ご清適
  • ご清栄
  • ご活躍
  • ご隆盛
  • ご繁栄
【スポンサーリンク】

「ご多幸」は文末に使う?

「ご健勝」と「ご清祥」が手紙の最初に使われることが多いのに対し、「ご多幸」は結びの言葉として使われる事が多いです。

文の最後に、あなたの幸せを願います、という意味ですね。

また、「ご健勝」とセットで使われることも多いので覚えておきましょう。

【例文】

  1. ご一家のご多幸をお祈りいたします。
  2. ご家族皆様のご健勝とご多幸をお祈りしております。
  3. ○○様のさらなるご多幸を祈念いたしております。

まとめ

いかがでしたか?

日常会話では絶対使わないような言葉が沢山出てきましたね。

使い慣れていない敬語を使うのは正直大変ですが、覚えていけば大丈夫です!

しっかりした場面でこういう手紙を書けると一目置かれるはずです!

社会人の常識としてもしっかり理解しておきたいですね。

意味や使い方によく注意して手紙を書いてみましょう。

宜しければ参考にしてみてください。

【スポンサーリンク】

この記事が役にたったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen − 10 =