ビジネス敬語

「一両日中」はいつまで?明日?あさって?ビジネスで使う際の注意点を解説!

「一両日中」はいつまで?明日?あさって?ビジネスで使う際の注意点を解説!

「一両日中にお願いします」

仕事をしていて、このようなことを言われたことがある人もいるのではないでしょうか。

「一両日中」は返信や提出、納品などの期限を表すときに使いやすい表現なのですが、はっきり「いつまで」というのがわかりにくいかもしれません。

何かと耳にする言葉ですので、きちんと知っておきたいですね。

今回は、「一両日中」はいつまで?明日?あさって?ビジネスで使う際の注意点を解説!についてご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「一両日中に」「一両日中」の意味

一両日中の意味

「一両日中」は「一日から二日の間に」という意味です。

「いちりょうじつちゅう」と読みます。

「一両日中」と漢字四文字で、「いちりょうじつちゅう」という発音もちょっと舌がもつれそうですが(笑)、

意味がわかっていると読み間違えたり書き間違えたりすることはあまりなくなると思います。

「一両日中」の「両日」は「ふつか」ということです。

例えば二日間に渡る行事がある場合、そのどちらの日も○○します、ということを伝えるのに「両日とも○○します」などと言いますよね。

「両日」は「両方の日」ということで、日数にして2日のことを指します。

「一両日」ということは、1日と2日両方を含みますので、「1日か、2日」「1日から、2日」という期間を指すことになります。

ですので、「一両日中」に○○します、という場合、「1日か2日の間に○○します」という意味になります。

「日まで、月まで、曜日まで」は含むのはどの範囲?意味や解釈の仕方を解説!
「日まで、月まで、曜日まで」は含むのはどの範囲?意味や解釈の仕方を解説!仕事をしていて、「○日までにやっておいて」などと言われたり、「○月までに決定します」とか「○曜日までに連絡します」などと言われたりするこ...

「一両日中」の使い方

「一両日中」は「1~2日中」という意味で使います。

期間を表す言葉ですので、何かの納期や返信の期限、賞味期限など、1~2日じゅうの期限を伝える時などに使います。

例文で確認しておきましょう。

【例文】

  1. 一両日中に結果をお伝えします。
  2. 一両日中に書類をお送りします。
  3. 一両日中にご返答いただけますか。
  4. こちらの商品は、一両日中にお召し上がりください。

「一両日中」はいつまで?明日?あさって?

さて、「一両日中」は1日か2日の間という期間を表す言葉でしたね。

ですが、この「一両日中」が正確にいつまでのことを指すのかについては意見が分かれるところです。

「一両日中」が指す期間は

  • 今日か明日
  • 明日から明後日

というふた通りの解釈ができます。

今日を1日目と考えると、「一両日」は今日と明日ということになります。

しかし、今日を含めずに明日を1日目と考えると、「一両日」は明日と明後日ということになります。

「一両日中」は「明日まで」であると考える人の方が多数のようですが、「一両日」の言葉の意味は「1日か2日」であり、どこを1日目と考えるかは人により違います。

  • 「一両日中」は「明日まで」であると考えている人が多い
  • しかし、「明後日まで」でも間違いではない

という風に理解しておくと良いと思います。

ビジネスで使う際の注意点

「一両日中」は「明日まで」もしくは「明後日まで」ということで、

使う人や受け取る人によって期間が違っている言葉です。

ビジネスシーンでは、こうした曖昧な表現はトラブルの元ですよね。

「明日まで」というつもりで「一両日中に返信してください」と伝えても、相手は「明後日までだな」と解釈しているかもしれません。

これでは期限を守った、守らないでトラブルに発展してしまいかねません。

ビジネスシーンでは「一両日中」という曖昧さのある表現は使わない方がよいでしょう。

「○日まで」「明日まで」といった風に、はっきり期限を伝える方がよいということです。

更に言えば、「明日まで」と言っても明日の何時までなのかわかりませんので、よほど急ぎでしてほしいことや、遅くなると困るようなことは「明日の○時までに」などとできるだけ明確に伝えた方がよいでしょう。

どうしても「一両日中」という言葉を使ってしまった時は、

  • 相手に「一両日中」にとお願いした時は「明後日まで」
  • こちらが「一両日中」にと言われた時は「明日まで」

という解釈でやりとりすると、やきもきしたり納期に遅れてしまったりすることがないのではないでしょうか。

「終日」の意味とは?「全日」との違いや使い分け方!「終日○○します」という表現、よく見聞きしますよね。 仕事上のやり取りでも、日常のいろいろなシーンでもよく使われる言い回しだと思い...

「一両日中」の類義語

「一両日中」の類義語には次のようなものがあります。

  • 今日明日中
  • 明日明後日中
  • 今明(今日と明日)

「一両日中」よりも、いつのことを指しているのかがわかりやすい表現ですね。

また、「一両日中」よりも先のことを表す表現は

  • 数日中(数日のうちに)
  • 近日中(ちかいうちに)

などとなります。

これも「一両日中」のように、明確な定義がなく受け取る人によって少し期間が違ってくる言葉なので、ビジネスシーンで使うには注意が必要です。

まとめ

「一両日中」は1日か2日の間にということで、明日もしくは明後日までの期間を表す言葉でした。

日常会話の中では使いやすい表現ですが、期限をはっきり示したい場面には不適切ですね。

ビジネスシーンでは期限をはっきり示す、他の言い方に変えるなど、トラブルを回避するための工夫が必要でしょう。
ぜひ参考になさってくださいね。

最後までお読みくださりありがとうございました!

ABOUT ME
三角 彩子
大学卒業後、出版社にて秘書・経理補助などの職種を経験。 退職後は塾講師、高校国語(現代文、古文、漢文) の添削指導員などを経て、長女を出産後は在宅でライターをしています。 社会人経験や国語の知識を活かし、秘書検定やビジネスマナー、国語などに関するライティングを主に行なっています。