「鑑みる」の意味と使い方!「考慮する」との違いは?

「鑑みる」という言葉を聞いた事はありますか?

「状況を鑑みて」「先例に鑑みて」という風に使われる事が多いですよね。

でも、実は「状況を鑑みて」というのは、間違った使い方なんですよ。

ご存知でしたか?

また、「鑑みる」と似ている言葉で、「考慮する」があります。

この二つの違いをご存知でしょうか?

ほとんど同じ意味で使われている場合もありますよね。

しかし、正しくはどうやって使い分ければ良いのか、気になりますよね?

という事で、今回は「鑑みる」の意味と使い方!「考慮する」との違いについてご説明致します!

【スポンサーリンク】

「鑑みる」の意味

「鑑みる(かんがみる)」の意味を調べてみました。

「鑑みる」とは、「先例や規範に照らし合わせる。他を参考にして考える。」という意味です。

手本や先例といった、何か比べられるものを引き合いに出して考えるという意味で、他の物を参考にしたうえで判断する事を言います。

「鑑」という漢字の意味をご存知でしょうか?

「鑑」という字の意味は、基本的には「鏡」と同じです。

「あの人は、教師のかがみだ」などと言いますよね。

この際、「手本・模範」という意味の「鑑(かがみ)」という漢字を用います。

そこから転じて「照らす」「参考にする」「手本にする」「比較して考える」といった意味が出てきたと言えます。

「鑑みる」の使い方

「鑑みる」の使い方で注意する点があります。

「鑑みる」という言葉を使う際、「黒字になる事を鑑みると」のように、「~を鑑みる」と使う事が多いと思います。

しかし、「鑑みる」の元々の意味は、「~に照らして考える」という意味ですよね。

なので、この場合「に」を使う方が正しい使い方となり、「を」を使うのは間違いになります。

「~を鑑みて」というのは、「~を考慮して」と混同して使われるようになったようです。

ただし、現在では「~を鑑みる」という使い方もかなり使われていますよね。

ですが、やはり正しい日本語を知って応用していきたいですよね。

会社などでは、間違いを指摘される可能性もあるかもしれないので、気を付けましょう。

【例文】

  1. 本件がもたらした社会的影響に鑑みると、情状酌量の余地は無いと判断せざるを得ない。
  2. 欧米の取り組みに鑑みると、まだまだ改善の必要性があると言える。
  3. 昨今の情報社会の発展に鑑みると、決して実現不可能な計画だとは言い切れない。
  4. 内外の諸情勢に鑑みると、日本国内における不景気はいよいよ転換点を迎えたと言える。

【類語】

  • 振り返る
  • 回顧
  • 顧みる
  • 念頭に置く
  • 参考にする
  • 踏まえる
【スポンサーリンク】

「考慮する」との違いは?

混同されがちな、「鑑みる」と「考慮する」。

この二つの違いは何でしょうか?

まず、「考慮する」の意味を調べてみました。

「考慮する」の意味は「物事を、いろいろの要素を含めてよく考えること」という意味です。

難しく書かれていますが、要は「考える」という意味ですよね。

既に述べたように、「鑑みる」は「何か比べられるものを引き合いに出して考える」という意味です。

この二つの言葉の大きな違いは、「比較対象があるかどうか」です。

比較対象がない場合、それは単に「考える」に過ぎません。

もう少し詳しく説明すると、「先例に鑑み」という意味は、「先例に照らして(先例以外のことを)考える」という事になります。

それに対して、「先例を考慮して」は、先例そのものを考えている事になりますよね。

「鑑みる」と「考慮する」を使い分ける際は、「比較対象があるかどうか」を考えて使ってみましょう。

細かい違いになりますが、覚えておいて、上手く使い分けていきましょう!

まとめ

いかがでしたか?

「鑑みる」の語源が、人を映す「鏡」だとは知りませんでした!

確かに、読みが似ていますよね。

語源を覚えておけば、「照らし合わせる」という本来の意味も忘れにくいですね。

また、「考慮する」との違いも見ていきました。

あくまでも「比較対象があるかどうか」という点を忘れない事が大切ですね!

宜しければ参考にしてみてください。

【スポンサーリンク】

この記事が役にたったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 + eleven =