言葉の意味と使い方

「懈怠」の意味と使い方!「怠慢」との違いは?【例文つき】

「懈怠」の意味と使い方!「怠慢」との違いは?【例文つき】

「懈怠」という言葉をご存知でしょうか。

ちょっと難しい言葉ですね。

読み方がわからないという人もいるかもしれません。

この「懈怠」という言葉、知らない人も「怠」という字から想像がつきそうですが、怠けたり怠ったりするような意味の言葉なんです。

同じような言葉に「怠惰」がありますので、どう違うのかなども確認しておきましょう。

今回は、「懈怠」の意味と使い方!「怠慢」との違いは?【例文つき】についてご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「懈怠」の意味

「懈怠」は「なまけること。おこたり」という意味です。

「けたい」と読みます。

古語としても辞書に載っているような古い言葉で、近世ごろまでは「けだい」とも読まれていました。

「懈怠」は仏教用語でもあり、善行をおさめるのに積極的でない心の状態のことを言います。

仏道修行に励まないこと=怠りなまけること、という意味で、煩悩の一つとされています。

また「かいたい」とも読み、法律用語としても「ある義務を怠ること(過失)」「一定の訴訟行為をなすべき期日に怠ること」という意味で使います。

いずれにしても「懈怠」という言葉は「怠る」という意味があることがわかりますね。

「懈怠」はやるべきことをやらないで、放置しておく、怠けているという意味の言葉ですので覚えておきましょう。

「懈怠」の使い方

「懈怠」は仏教用語や法律用語としても使いますが、一般的に使う場合は「なまけること」「怠ること」という意味で使います。

やるべきことをやらないでなまける、おろそかにするという意味ですから、悪い意味の言葉ですね。

相手の怠けを指摘する時などに使うような言葉です。

例文で使い方を確認しておきましょう。

「懈怠」の例文

  1. 注意義務の著しい懈怠があったとして、責任を問われた。
  2. 職務懈怠によって解雇される。
  3. 裁判では彼の任務懈怠の有無が争点となった。
  4. 初めは向上心に燃えていたが、しだいに懈怠の心が生じはじめた。

「怠慢」との違いは?

「懈怠」と似た言葉に「怠慢」があります。

「たいまん」と読みます。

「懈怠」は少し難しい言葉なので、「怠慢」の方が日常的によく見聞きする言葉かもしれませんね。

辞書的な意味を調べると、

  • 「懈怠」は「なまけること。怠ること」
  • 「怠慢」は「なまけて仕事や義務を怠ること」

となります。

どちらもなまけて怠ることなので、同じように使えそうです。

どちらも、例えば生まれつきなまけものである(笑)とかで、単にだらしないということを表すのではなく、「当然しなくてはいけないようなことをしないで、おろそかにする」ということを表します。

「懈怠」と「怠慢」は、「するべきことを怠る」という意味では同じです。

使い方の違いとしては、「懈怠」の方はかなりかたい響きの言葉なので文章中やニュースなどで使われるような言葉だということです。

「懈怠な」「懈怠です」というような使われ方をすることはまずなくて、「職務懈怠」「任務懈怠」「○○の懈怠」といった使われ方です。

それに比べて「怠慢」はもう少し一般的な言葉なので、例えば口頭で「それは怠慢だよ!」というような使い方もされることがあります。

「怠慢」の例文

  1. 試合後の反省会で、彼の怠慢なプレーが問題視された。
  2. 怠慢な役人にはなりたくない。
  3. イベントに客が集まらないのは広報担当である君の怠慢だ。

「懈怠」の類義語

「懈怠」の類義語には次のようなものがあります。

  • 怠慢(なまけて仕事や義務を怠ること)
  • 怠惰(すべきことを怠けてだらしない性質・様子)
  • 無精(面倒臭がってひどく骨惜しみすること)
  • ものぐさ(物事をするのを面倒くさがること)
  • 懶惰(なまけ怠ること)
  • 怠り(なまけること)
  • 手抜き(しなければならない手続き、手数を省くこと)
  • 手落ち(方法や手続きに不十分な点があること)
  • 閑却(なおざりにすること。いい加減に放っておくこと)
  • 粗慢(考え方ややり方などが大雑把でいいかげんなこと)

「懈怠」の対義語

「懈怠」の対義語には次のようなものがあります。

  • 精進(一つのことに精神を集中して励むこと)
  • 拮据(きっきょ。忙しく働くこと)
  • 勤恪(真面目に勤めること)

まとめ

「懈怠」についておわかりいただけたでしょうか。

あまり普段の会話で使う言葉ではないかもしれませんが、仕事をしていく上では見聞きする機会もそこそこあると思います。

難しめな言葉は、わからないなりにだいたい推測してスルーしがちではないでしょうか。

ぜひ自信を持って使えるよう、きちんと調べて語彙を増やしていきたいですね。

最後までお読みくださりありがとうございました!

ABOUT ME
アバター
三角 彩子
大学卒業後、出版社にて秘書・経理補助などの職種を経験。 退職後は塾講師、高校国語(現代文、古文、漢文) の添削指導員などを経て、長女を出産後は在宅でライターをしています。 社会人経験や国語の知識を活かし、秘書検定やビジネスマナー、国語などに関するライティングを主に行なっています。