言葉の意味と使い方

「気付」の意味や使い方と送り状の書き方(基本・会社・ホテル・病院)

「気付」の意味と「様方」との違いは?書き方を解説

「気付」は、郵便物を送る時に使うことがある言葉です。

送りたい相手の、立ち寄り先などに宛てて送る際に使います。

出張先に送る、宿泊先に送る、入院先に送るなど、いろいろな場面で使う機会がある言葉です。

まだ使ったことがない、よく使い方がわからないという人はぜひこの機会に確認しておきましょう。

今回は、「気付」の意味や使い方と送り状の書き方(基本・会社・ホテル・病院)ついてご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「気付」の意味

気付

「気付」は「郵便物を相手の現住所ではなく、その人の関係がある場所や立ち寄る先へ送ること。またその時宛先の下に書き添える語」です。

「きづけ」と読みます。

または、「きつけ」と読むこともあります。

相手の家に送る時や、相手の勤めている会社宛に送る場合は、「住所、○○様」「会社住所、会社名、部署名、○○様」といったように、普通に宛先を書けば届きますよね。

ですが、ある人宛ての郵便を、出張先の会社に送るとか、滞在しているホテルに送るといった時に、そのまま住所と名前だけ書いても届かないことが考えられます。

そこで、「気付」を使うことで、今その住所にいる○○さんに郵便を届けるということを表せるのです。

>>「様方」の書き方!自分宛てに実家に送る時は?様はなし?

「気付」の使い方

「気付」は、その人の関係している場所や立ち寄り先へ郵便や宅配便を送る時に宛先に書き添えて使う言葉です。

使う場面としては、例えば次のようなことが考えられます。

  • 別会社に出張中の同僚や上司に、その別会社宛てに荷物や手紙を送る
  • 親会社のオフィスの中にある子会社に荷物や手紙を送る
  • 滞在先のホテルに荷物や手紙を送る
  • 入院中の人に荷物や手紙を送る

ビジネス関係でもそれ以外でも、共通して言えるのは、受取人がその会社や組織に所属していない時に「気付」を使うということです。

基本的な「気付」の書き方

気付

「気付」は、送り先の住所の一部として、「○○株式会社気付」「○○ホテルフロント気付」などと書きます。

宛名は個人名で「○○様」と中央に普通に書きます。

【例】

東京都○○区○○1-2-3
○○ホテル フロント気付

 ○○○○様

上で述べたようなシーンで、どのように「気付」を書けばよいか例を挙げてみましょう。

別会社に出張中の人に送る場合

同僚や上司が出張して別会社にしばらくいるということがあります。

そういう時に、その別会社宛てに「気付」を使って郵便や荷物を送ります。

「○○株式会社気付 佐藤A男様」

のように書きます。

親会社の中にある子会社に送る場合

子会社に送る時の気付の書き方

親会社のオフィスの中に、別の名前の子会社が入っているというようなことがあります。

シェアオフィスなども流行っていますので、ある場所に複数の会社が入っているということも増えているでしょう。

そうした場合も「気付」を使えます。

「○○株式会社気付 ●●株式会社 御中」などとします。

滞在先のホテルに送る場合

出張中の同僚に、泊まっているホテル宛てに荷物や手紙を送る。

自分が泊まるホテルに宛てて荷物を送る。

こうしたことがよくあると思いますが、これもホテルのフロント「気付」などとします。

「○○ホテル フロント係気付 ○○○○様」や、自分に荷物を送る時なら「○○ホテル フロント係気付 ○○○○行」とします。

間違いがないように、わかっていれば「○月○日宿泊」とできるだけ書いておくようにしましょう。

入院中の人に送る場合

これも、お見舞いの品や手紙を送るということでよくある場面でしょう。

上司や同僚が入院中であれば、病院に仕事関係の書類を送ったり、会社に来た郵便を転送したりすることもあるでしょう。

「○○病院○○科気付 ○○○○様」などとします。

これも、できるだけ詳しく書いたほうが間違いなく届けてもらえますから、「○○病院○○科○号室気付」など、わかるところまで詳しく書きましょう。

「様方」との違いは?

様方

「気付」と同じように使う言葉に「様方(さまがた)」があります。

これも「○○様方 ●●様」というように郵便や宅配便を送る時に使いますが、この違いは

  • 「気付」は送付先が会社や団体の時
  • 「様方」は送付先が個人宅の時

に使うということです。

○○さんの家に住んでいる(滞在している、帰省しているなど)●●さんに手紙を送りたいというときは、○○さんの個人宅に送るので「○○様方 ●●様」とします。

「気付」はこれまで見てきたように、会社やホテル、病院、そのほかの団体、つまり「個人宅以外」に送る時に「○○株式会社気付 ●●様」とします。

>>「様方」の書き方!自分宛てに実家に送る時は?様はなし?

まとめ

「気付」は、郵便物などを相手の住所ではなく、その人が立ち寄るところなどに宛てて送る時に使う言葉です。

「様方」と似ていますが、送付先が会社やホテル、病院などの組織であるときに使います。

ビジネスシーンでも、出張先に荷物や書類を送るといったことで「気付」を使う機会があるかもしれませんので、ぜひ使い方や書き方をマスターしておきましょう。

最後までお読みくださりありがとうございました!

ABOUT ME
三角 彩子
大学卒業後、出版社にて秘書・経理補助などの職種を経験。 退職後は塾講師、高校国語(現代文、古文、漢文) の添削指導員などを経て、長女を出産後は在宅でライターをしています。 社会人経験や国語の知識を活かし、秘書検定やビジネスマナー、国語などに関するライティングを主に行なっています。