言葉の意味と使い方

「行使」の意味と使い方!「実力・権利・議決権・武力」|類義語・例文

「行使」は「権利を行使する」などのように使います。

あまり日常的な会話では使わない言葉ですが、ビジネスシーンやニュースではよく使われます。

使ったことがない、意味がよくわからないという人も多いかもしれませんね。

今回は、「行使」の意味と使い方!「実力・権利・議決権・武力」|類義語・例文についてご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「行使」の意味

「行使」は「用いること。使用すること」という意味です。

「こうし」と読みます。

用いる、と言っても道具を用いるとか言葉を用いるとか、いろいろな「用いる」がありますよね。

「行使」の場合は、特に権利や権力などを実際に用いるという意味になります。

「行う」「使う」という字を書きます。

権利や権力、非常手段といったものを、持つだけでなく実際に使用するということを表す言葉です。

与えられた力を使って行うという感じですね。

>>「駆使する」の意味と使い方!言い換え表現は?【類義語・対義語】

「行使」の使い方

「行使」は、主に権力や権利、また非常手段を「実際に使うこと」という意味で用いる言葉です。

人を従わせるような力や、非常時に使う手段を使うということなので、普通に「使う」「用いる」などと言うよりも強い意味合いの言葉です。

抵抗を押し切って権力を使うとか、こうするしかないと決断を下して使うなどの、思い切ってその力などを使うという意味で用います。

  • 権利を行使する
  • 実力行使する
  • 市民権を行使する
  • 拒否権を行使する
  • 黙秘権を行使する
  • 武力行使する
  • FA権を行使する

などなど、さまざまな権利や力を実際に使うということについて使えます。

ビジネスシーンでも、ニュースでも、政治や裁判においても、スポーツにおいても、いろいろな場面で使われる言葉です。

「実力・権利・議決権・武力」の「行使」とは

「行使」は、いろいろな権利や力を使うことについて使います。

その中でもよく使われる、「実力・権利・議決権・武力」の「行使」とはどういうことかご説明します。

実力行使とは

「実力行使」は、「話し合いではなく武力や腕力などを持って実際の行動に出ること」という意味です。

特に、労働争議にあたり、ストライキなどを行うことを指して使うことが多いです。

「実力」ということで、ある目的を達成するために話し合いではなく力を使って行動に出るということです。

話し合いで問題解決ができればいいのですが、現実はそうはいかないことも多いでしょう。企業と労働者、組織と組織、国同士など、さまざまな対立するもの同士の問題において武力や腕力、法的手段などの力を「行使」して問題解決をしようとすることが「実力行使」です。

権利行使とは

「権利行使」とは「権利を持つ人が、実際に権利を実行すること」という意味です。

金融や不動産関係では、債権者が支払いに応じない債務者に対して支払い請求をするということを指して使われることも多いです。

また、証券用語としては、オプションの買い手が権利を「行使」して取引を行うということを指します。

そういった業界用語ではなく、一般的に「権利を行使する」という場合は、「権利を実際に使う」ということになります。

議決権行使とは

「議決権」とは株主総会での決議に参加して票を入れることができる権利のことです。

ですので、「議決権行使」は「株主総会での決議に株主が参加し、会社の経営方針や取締役の選任、定款の変更などの議案に対して賛否を投票すること」を言います。

武力行使とは

「武力行使」は武力を「行使」することです。

つまり、「兵隊や兵器などの軍事力を使うこと」という意味です。

国際関係のニュースで見聞きすることも多い言葉です。

他国の領土や軍隊を砲撃するなど、武力に訴えるということを指します。

「行使」の例文

  1. 話し合いでは埒が開かないとみて、彼らは実力行使に出た。
  2. 国際法では原則として武力行使は禁止されている。
  3. 彼は裁判で黙秘権を行使した。
  4. 安保理の常任理事国が拒否権を行使した場合、国連総会で説明を求められる。

「行使」の類義語

「行使」の類義語には次のようなものがあります。

  • 使う
  • 用いる
  • 利用(役立つようにうまく使うこと)
  • 運用(ものをうまく働かせ使うこと)

「行使」の対義語

「行使」の対義語には次のようなものがあります。

  • 放棄(権利や権力をあえて使わないこと)
  • 保持(保ち続けること)

「実力行使」の対義語ならば、次のようなものがあります。

  • 折衝(問題解決のため相手と駆け引きをすること)
  • 交渉(相手と話し合いで取り決めをすること)

まとめ

「行使」は権利や権力を「実際に使う」という意味です。

人を従わせるような力や、非常時の手段などを思い切って使う、抵抗を押し切って使うといった意味で用いられることが多いです。

新聞やニュースなどで見聞きすることも多いので、知っておくとより時事問題も理解しやすくなりそうですね。

最後までお読みくださりありがとうございました!

ABOUT ME
三角 彩子
大学卒業後、出版社にて秘書・経理補助などの職種を経験。 退職後は塾講師、高校国語(現代文、古文、漢文) の添削指導員などを経て、長女を出産後は在宅でライターをしています。 社会人経験や国語の知識を活かし、秘書検定やビジネスマナー、国語などに関するライティングを主に行なっています。