「姑息」の意味は「卑怯」じゃない?「姑息な手段」とは?【例文】

「姑息な手段を使う」

「あいつは姑息なやつだ」

こんな風に使われている「姑息」という言葉があります。

なんとなく卑怯な、悪い感じの言葉というイメージではないでしょうか。

ですが、じつはこの「姑息」、「卑怯」という意味ではないんです。

意外と本当の意味を知っている人が少ないこの「姑息」について調べてみました。

今回は、「姑息」の意味は「卑怯」じゃない?「姑息な手段」とは?【例文】についてご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「姑息」の意味

「姑息」は「一時の間に合わせ。その場逃れ」という意味です。

「こそく」と読みます。

「姑」は「しゅうとめ」という字ですので、「しゅうとめと息子……?」と思ってしまうかもしれませんが、「姑」という漢字には「しばらく」という意味もあるのです。

この場合、「姑」が「しばらく」、「息」は「休む、休息」の意味です。

「しばらくの間休む」というところから、「一時の間に合わせ」「その場しのぎ」といった意味になったわけです。

「姑息」の意味は「卑怯」じゃない

さて、「姑息」は「一時の間に合わせ」という意味でした。

あれっと思った方も多いかもしれません。

実は、「姑息」は、文化庁発表の平成22年度「国語に関する世論調査」では、正しい意味で使っている人は15パーセントしかいないという結果が出たのです。

「一時しのぎ」の意味で使う人が15.0パーセント、そして「卑怯な」という意味で使う人が70.09パーセントという結果でした。

圧倒的に「卑怯」の意味で間違って使っている人が多いわけです。

おそらく「姑息(こそく)」が「こそこそ」「こっそり」「小癪」などと音が似ていることから生まれた誤用なのではないかと言われています。

もしくは「その場の間に合わせ」というところから「正しくないやり方」→「卑怯」という連想がされたのかもしれません。

「姑息」を「卑怯」という意味で「姑息な手段で勝った」とか「あいつは姑息なやつだ」などと普段使っている人も多いことでしょう。

「姑息」はあくまでも「一時しのぎ」の意味ですから、「姑息なやつだ」は「一時しのぎなやつだ」という意味になってしまい、ちょっとおかしな用法ですね。

「姑息な手段」も「卑怯なやりかた」という意味ではないので気をつけましょう。

詳しくは次項で説明したいと思います。

「姑息な手段」とは?

「姑息」はよく「姑息な手段」という使い方をします。

多くの人は「卑怯な手段」「ずるいやり方」という意味で使っていることでしょう。

ですが、先に述べた通り「姑息」は「卑怯」ではありませんでしたね。

ゆえに「姑息な手段」とは「その場しのぎの手段」ということになります。

別に卑怯な汚い手を使うというわけではなく、とりあえずその場しのぎの手を使うという意味になるわけです。

「卑怯」は「正々堂々としない」「不正」という悪い意味の言葉です。

でも、「姑息」は「その場しのぎ」ということですから、別に悪い意味ではないのです。

確かに、その場しのぎということは、いい加減なことをしたりズルをしてごまかすという場合も多いので、結果的に「卑怯な手段」になることもあるかもしれません。

ですが、「姑息」と「卑怯」にはこのような違いがありますので、「姑息な手段」は「卑怯な手段」という意味と同じではないということを知っておきましょう。

【関連】
・「敷居が高い」の意味と使い方!語源や言い換えは?【広辞苑第七版】
・「佳境」の意味と使い方!「佳境に入る」を誤用してない?【例文つき】
・「すべからく」の誤用に注意!本来の意味と使い方は?【例文つき】

「姑息」の例文

「姑息」の使い方を例文で確認しておきましょう。

いずれも「その場しのぎ」「一時的な間に合わせ」という意味で使っています。

【例文】

  1. 今月分のデータが揃わなかったので、先月分のデータを使うという姑息な手段を使ってなんとかやり過ごした。
  2. 雨漏りしたので、今夜は屋根裏にブルーシートを貼ってしのごう。姑息な手段だがやむを得ない。
  3. 失敗したことを黙っているのは姑息な行為であって、結局バレて叱られることになるので最初から正直に話したほうがいい。
  4. 疾患の根治ではなく、一時的な症状改善や患者の苦痛の軽減を目的として行われる治療のことを「姑息的治療」という。

最後の「姑息的治療」というのは医学の分野や実際の医療現場では普通に使われる言葉です。

ですが、やはり一般的には「姑息」=「卑怯」だと思っている人が多いので、医師から「姑息的治療を行います」なんて言われたら、どんな卑怯な治療をされるのかとびっくりしてしまうかもしれませんね。

ぜひ知識として覚えておきたい言葉です。

まとめ

「姑息」は「卑怯」ではなく、「一時の間に合わせ」「その場しのぎ」という意味でした。

意味や使い方はしっかりお分りいただけたかと思います。

ですが、間違って使っている人のほうが多い言葉なので、「その場しのぎ」という意味で「姑息」を使っても、相手は「卑怯」という意味だと誤解してしまうかもしれませんね。

使う場面には気をつけたい言葉ですが、ぜひこの機会に正しい意味を覚えておいてくださいね。

最後までお読みくださりありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事



仕事ですぐ使える語彙力

【ベストセラー1位】

アマゾン語彙力本のなかで一番売れている本。
敬語でなんて返したらいいかの受け答えが書いているだけでなく、他の言い換え表現もいくつか載っているので読むだけでかなり語彙力アップが期待できます。30万部突破も納得の内容。

敬語の意味がしっかりと書かれていて、プラスワンの豆知識や類義語などもあるのでちゃんと理解して言葉を選べるようになります。
挨拶、メールなどビジネスシーンを網羅しているので、お得感のある一冊。

前作の「大人の語彙力が使える順できちんと身につく本」の続編で、よくある場面順になんと表現したらいいかがイラスト入りで解説されているので、前作よりさらに読みやすさがアップ。
「こんなとき、なんて言うんだっけ?」という時は、場面を探して辞書のように使える一冊。

大人の対応は「返し」が違う

職場、友人など、人間関係における40の悩みを、大人の対応力で解決。
もう、むやみに悩まない、傷つかない、腹も立たない。嫌味さえもサラリとかわす。
大人の対応ができれば、あなた自身がもっと楽になる。

この記事が役にたったらシェア!