「及第点」の意味と使い方!「次第点」は存在しない?【類義語・対義語】

「及第点」という言葉を使ったことがありますか?

ちょっと古臭いというか、若い人が普通に使う言葉ではないですよね。

ですが、仕事をしていく上で見聞きすることもある言葉です。

「及第点」という字からは、読み方も意味も分かりにくいと思います。

ぜひ確認しておきましょう。

また、似た言葉に「次第点」というものがありますが、これについても確認しておきましょう。

今回は、「及第点」の意味と使い方!「次第点」は存在しない?【類義語・対義語】についてご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「及第点」の意味

「及第点」は「試験などに合格するのに必要な点数」という意味の言葉です。

特に「合格ギリギリの点数」を表し、満点などの余裕で合格するような良い点数ではなくて、合格ラインギリギリの点数という意味です。

「きゅうだいてん」と読みますので、読み方もしっかり覚えておいてくださいね。

「及第」というのが「試験や審査に合格すること」という意味なので、「及第」する「点数」ということですね。

「及第」の語源はと言いますと、中国語から来ています。

「第」には「大きな屋敷」という意味があります。

「及」は「及ぶ」で、「届く」という意味があります。

中国の官僚試験である「科挙(かきょ)」に合格すれば、大きな屋敷で勤務することができるということから、「屋敷に手が届く」という意味で「及第」という言葉ができました。

そして「及第」に必要な点数が「及第点」とうわけです。

「及第点」の使い方

さて、「及第点」の使い方としては、もちろん言葉の意味どおりに、試験にギリギリで合格したときに使えます。

また必ずしも試験を受けたわけではなくても、何かの出来栄えなどについて「及第点レベルだ」などと表現することもあります。

「及第点」は「合格ギリギリ」ということですから、決して落第するような悪い点数ではありませんよね。

ですので、「及第点」は「悪い」という意味ではありません。

ですが、「良い」という意味でもないんです。

「及第点」は「合格ギリギリ」ということで、「まあまあ合格」「そこそこの結果」「悪くない」というようなニュアンスで使われます。

むしろ「もう少し頑張ればもっと良かったのに」「心からは満足できない」というような少しマイナスの意味が込められることも多いです。

合格点ではあっても、「及第点」は褒め言葉ではありませんので、人を褒めるときに使うのは避けましょう。

自分の成績や結果を「そんなに大したことはないけれど」と謙遜していう場合には使いやすい言葉です。

【例文】

  1. この試験の及第点は60点です。
  2. 試験の前日にあまり勉強できなかったが、なんとか及第点を取ることができた。
  3. 今日のプレゼンは上司には褒められたが、自分の中では及第点レベルの出来栄えだった。
  4. 試合前は正直なところ自信はなかったが、結果は及第点でした。

1、2番目の例文では「試験に合格するのに必要な点数」という意味で「及第点」を使っています。

3、4番目の例文では実際に試験の点数があるわけではなく、それぞれ「あまり満足できない程度」「まあまあの出来」というような意味合いで使っています。

【スポンサーリンク】

「次第点」とは?

さて、「及第点」と同じような意味で「次第点」という言葉が使われているのを時々見かけます。

例えばインターネットでも、お店などの口コミ情報で「次第点です」などと書き込まれていたりします。

いかにもありそうな言葉ですが、「次第点」は間違いです。

「及第点」と「次点」が混ざったのか、「及第」を「次第」と読み間違えたのか、よくわかりませんが……。

とにかく、「次第点」は存在しませんので気をつけましょう。

「及第点」の類義語

「及第点」の類義語には次のようなものがあります。

  • 合格点
  • 合格水準
  • 悪くない出来
  • そこそこの結果
  • まずまずの出来
  • まあまあの結果
  • それ相応
  • 並以上

などでしょうか。

「完全ではないが、概ね良いと思われる結果」「ある一定のレベル以上であるさま」のような意味の言葉です。

「及第点」の対義語

「及第点」の対義語は

  • 落第点

になります。落第、不合格となる点数のことですね。

「及第」の対義語が「落第」ということになります。

他にも「赤点」「不合格」なども反対の意味ではあります。

また、「あまりよい出来とはいえない」「思うような結果を出せなかった」というような場合は「及第点に及ばない」「及第点とは言えない」などと表すことが多いです。

まとめ

「及第点」はいい意味で使われているのか、悪い意味で使われているのか、謙遜の意味なのかなど、受け取り方は場面によって違ってきます。

意味をしっかり理解して、正しく使えるようにしたいものですね。

最後までお読みくださりありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事



この記事が役にたったらシェア!