「なるほど」は上司や目上の人には失礼?言い換え方は?

スムーズな会話を成立させるためには、相づちがとても重要です。

会話はよくキャッチボールに例えられますよね。

話を聞く際、上手な相づちを打つことで、相手に対して「ちゃんと聞いていますよ」というメッセージを伝えることが出来ます。

ですから、上手に相づちを打ってくれる人と話していると、つい話が弾んでしまいます。

上手く相づちを出来るようになりたいですよね。

でも、上司や目上の人に使って良いか悩む相槌ってありますよね。

例えば、「なるほど」。

口癖になっていると、無意識のうちについつい言ってしまいそうになりますよね。

という事で、今回は「なるほど」は上司や目上には失礼?言い換え方について、ご説明致します!

【スポンサーリンク】

「なるほど」は上司や目上には失礼?

「なるほど」というのは、「相手の言葉を受け入れて、自分も同じ意見だ」という意味があります。

これは、ややもすると、相手の意見に対して評価をしているような印象も与えかねません。

目上の人が助言してくれているのに、それに対して評価を下すのは、とても失礼な事ですよね。

たとえ、そう思っていたとしても、相手にそれが伝わると、とても不快な思いをさせてしまいます。

そもそも、「なるほど」とは目下の人に対して使う言葉なんです。

ですから、目上の人には使わない方が無難です。

中には、「なるほどですね」と、丁寧にしようと「ですね」を付けて使っている人もいますよね。

しかし、残念ながら「なるほど」に「ですね」をつけても、意味は変わりません。

逆に、もっと上から目線のような感じがしてしまいます。

話している本人に、そういうつもりが無かったとしても、言葉は受け取る相手次第です。

相手に与える印象をよく考える必要がありますよね。

「なるほど」「なるほどですね」は、目上の人には使わないようにしましょう!

「なるほど」と似た言葉で、「参考になります」「参考になりました」があります。

これも相づちとして、よく使っている人を見かけますよね。

実は、「参考になります」「参考になりました」も目上の人に使うのは失礼になってしまう言葉なんです。

何故かというと、「なるほど」と同じように、相手の意見を評価しているようにも聞こえてしまうからです。

また、結局話した内容が「参考程度だった」、つまり「そこまで役に立ったわけではない」という事を相手に伝えている事になってしまうからです。

間違って使わないように気を付けましょう。

【スポンサーリンク】

「なるほど」を言い換えるなら?

それでは、「なるほど」を言い換えるなら何と言えば良いでしょうか?

基本的には、「はい」と言えば無難な相づちになります。

しかし、「はい」だけでは話している方も面白味がありませんよね。

  • 「大変勉強になりました。」
  • 「勉強になります。」
  • 「おっしゃる通りですね。」
  • 「確かにその通りですね。」
  • 「いい事を教わりました。」

など、バリエーションを増やすと良いでしょう。

しかし、これらの相づちも過剰に使いすぎると、変な印象を与え、「本当にちゃんと聞いているのかな?」と思われてしまいます。

しっかり話を聞きながら、上手いタイミングで使うようにしましょう!

【例文】

  1. 確かに、本当にその通りですよね。
  2. 部長のおっしゃるとおりですね。
  3. ご教示いただいた件、本当に勉強になります。
  4. いただいたご助言、大変勉強になりました。
  5. 貴重なご意見を拝聴いたしまして、大変勉強になります。

まとめ

いかがでしたか?

リアクションの良い相手と話していると、とても楽しいですし、もっと話したくなりますよね。

友達なら、共通の趣味や話題で簡単に盛り上がる事が出来ます。

しかし、社会人になると、色々な人の話を聞く機会が増えるので、相槌を打つのも大変かもしれません。

特に、上司の中には話し好きで、無駄に話の長い人もいます。

もし、しっかり聞いていたとしても上手く相づちが打てないと「本当に聞いてる?」と思われてしまいますよね。

話に集中しながら、上手く相づちを打って、円滑なコミュニケーションを取って行きましょう!

宜しければ参考にしてみてください。

【スポンサーリンク】

この記事が役にたったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 + 17 =