言葉の意味と使い方

「早急」の正しい読み方は?「至急」「迅速」との違いも解説!

「早急」の正しい読み方は?「至急」「迅速」との違いも解説!

「早急」

この言葉をなんと読みますか?

「そうきゅう」「さっきゅう」のどちらかだという人が多いと思います。

どちらも日常的に耳にするので、本当はどちらが正しいのか知っておきたいですね。

また、似た言葉に「至急」や「迅速」がありますので、使い分け方も確認しましょう。

今回は、「早急」の正しい読み方は?「至急」「迅速」との違いも解説!についてご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「早急」の正しい読み方は?

「早急」の正しい読み方は、「さっきゅう」です。

「そうきゅう」と読んでいた人も多いのではないでしょうか。

「早急」の本来の読み方は「さっきゅう」です。

ですが、「そうきゅう」も慣用読みとして定着しており、辞書によっては「そうきゅう」も補足的に載せている場合があります。

「早い」と「急ぐ」という字を書くわけですが、「早」はやはり「そう」と読むことが多いですよね。

「早春」「早朝」「早計」「尚早」など、普段使うような熟語にも「そう」が多いので、「早急」も「そうきゅう」と読んでしまう人が多かったのでしょう。

「早」の音読みは「ソウ」「サッ」で、「早急」や「早速」の場合は「さっ」と読みます。

「早急」の正しい読み方は「さっきゅう」、ただし「そうきゅう」も慣用読みで一般的に通じる、ということで覚えておきましょう。

「迅速」の意味と使い方!「迅速な対応」とは?目上の人にも使える?【類義語・対義語】
「迅速」の意味と使い方!「迅速な対応」とは?目上の人にも使える?【類義語・対義語】「迅速」はビジネスシーンやニュースでもよく使われる言葉です。 新型コロナウイルスに関してもそうですし、また災害時や大きな事件、社会...

「早急」の意味

「早急」は「非常に急ぐこと」という意味です。

読み方は「さっきゅう」でしたね。

「早い」と「急ぐ」という字を書きます。

その通り、非常に早く、急いで何かをするという意味の言葉です。

>>「早速」の意味とビジネスでの使い方!「早々」「迅速」との違いは?

「早急」の使い方

「早急」は、非常に急ぐことを表して使います。

事態が非常に差し迫っており、急を要するときに、急いで何かをしないといけないという場合に使います。

災害や事故などの緊急事態や、トラブルが起きた時など、急いで何かをしないと行けない時や、相手に何か急いで行ってもらいたい時に使います。

「早急に○○する」とか、「早急な対応」といった使い方をしますので、例文で確認しておきましょう。

【例文】

  1. お待たせして申し訳ございません。商品のご用意ができましたので、早急に発送いたします。
  2. 今回の事故について、早急に対策を考えなくてはならない。
  3. 早急な対応のおかげで一命をとりとめた。
  4. 恐れ入りますが、早急にご回答のほどお願いいたします。
  5. 状況をご確認いただき、早急にご連絡をいただきますようお願いいたします。

「至急」「迅速」との違い

「早急」との違い
  • 「至急」は「早急」よりもさらに緊急度合いが高く、非常に急いで物事を行うことを表す
  • 「迅速」は物事を行うスピードが早いことを表す

「早急」はとても急ぐ時に使いますが、同じようにとても早く何かを行う時に使うのが「至急」や「迅速」です。

それぞれの意味は、

  • 「早急」は「非常に急ぐこと」
  • 「至急」は「非常に急ぐこと」
  • 「迅速」は「物事を行うスピードがとても速いこと」

となります。

「早急」と「至急」は、どちらもとても急いで物事を行うということなので、同じような使い方をします。

ですが、「至急」の「至」は、「この上ない。きわめて」という意味を持っています。

「この上なく急いで」ということになりますから、「至急」の方が「早急」よりも急ぐ必要があるとうことになります。

「早急」と「至急」は同じ意味ですが、緊急度合い、急ぐ度合いとして「至急」の方がより急いでやることであるということです。

さて、「迅速」は少し意味が違います。

「早急」「至急」が物事を急いで行うということであるのに対し、「迅速」は物事を行うその動きが速いということを表します。

つまり、「早急に対応する」「至急対応する」であれば、「急いで対応する。すぐに取り掛かる」ということになります。

ですが、「迅速に対応する」であれば、「素早く行う。スピードアップして対応する」というような意味になります。

まとめると、

  • 「至急」は「早急」よりもさらに緊急度合いが高く、非常に急いで物事を行うことを表す
  • 「迅速」は物事を行うスピードが早いことを表す

という風に、それぞれ「早急」との違いがあります。

「早急」の類義語

「早急」の類義語には次のようなものがあります。

  • 至急(非常に急ぐこと)
  • 大急ぎ(非常に急ぐさま)
  • 迅速(物事の進行がきわめて速いさま)
  • 緊急(重大で、即座に対応しなくてはならないさま)
  • 急遽(慌ただしく急いで)
「承諾 」「承認」「了承」の意味と違いは?使い分け方を解説!
「可及的速やかに」の意味とは?「可及的」の使い方!【類語・例文】「可及的速やかに」という表現があります。 あまり日常の会話の中で使う言葉ではないと思います。 ですが、ビジネスシーンではしば...

「早急」の対義語

「早急」の対義語には次のようなものがあります。

  • 緩慢(ゆっくりしていること)
  • ゆっくり(動作を急がず、時間をかけて行うさま)
  • 遅滞(物事の運びが悪くはかどらないこと)

まとめ

「早急」は「さっきゅう」と読むのが本来の読み方でした。

近頃では「そうきゅう」でも通じますが、正しく覚えておくとよいですね。

ビジネスでも、何かと「とても急ぐ」「すぐにやってほしい」などということがあります。

「早急」という言葉を使いこなしてうまく対応していきたいものですね。

最後までお読みくださりありがとうございました!

ABOUT ME
三角 彩子
大学卒業後、出版社にて秘書・経理補助などの職種を経験。 退職後は塾講師、高校国語(現代文、古文、漢文) の添削指導員などを経て、長女を出産後は在宅でライターをしています。 社会人経験や国語の知識を活かし、秘書検定やビジネスマナー、国語などに関するライティングを主に行なっています。