「早速」の意味とビジネスでの使い方!「早々」「迅速」との違いは?

「早速」という言葉、ビジネスシーンでもよく見かけると思います。

自分がすぐに何かをするときや、相手がすぐに何かしてくれたときのお礼などにも「早速」と言いますよね。

身近な言葉ですが、「早速」は上司や目上の人に言うときにも使えるのでしょうか。

また、「早々」「迅速」といった言葉もよく見かけますが、「早速」との違いはどういった点にあるのでしょうか。

よく出てくる言葉だけに、「早速」の意味や使い方を正しく知っておきたいですね。

今回は、「早速」の意味とビジネスでの使い方!「早々」「迅速」との違いは?についてご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「早速」の意味

「早速」は「すみやかなこと。すぐ行うこと」「ただちに。すぐに」という意味です。

「早速⚪︎⚪︎します」は「すぐ⚪︎⚪︎します」という風に言い換えられますね。

また、「早速ですが」という形で話し始めに使うこともあります。

この場合も「すみやかなこと」という意味ではありますが、「すぐに本題に入りますが」という意味になります。

「早速」自体にはそれほど意味はなく、本題に入る前の決まり文句のように使われます。

このような使い方は「起こし言葉」と言われ、他には「さて」「ところで」「実は」などがあります。

「早速」のビジネスでの使い方

「早速」はビジネスシーンでもよく使われる言葉です。

上で説明した、起こし言葉としてもメールや商談などでよく用いられます。

また、本来の「早速」の意味で、相手が素早く対応してくれた時に「早速⚪︎⚪︎してくださってありがとうございます」のような形でも使います。

また、自分が素早く対応する時にも「早速⚪︎⚪︎いたします」「早速⚪︎⚪︎しました」のように使います。

例文で使い方を確認してくださいね。

【例文】

  1. 早速ですが、本題に入らせていただきます。
  2. 早速ではございますが、先日お願い申し上げました⚪︎⚪︎の件について、再度ご検討頂きたく資料をお持ちしました。
  3. 早速のご手配、誠にありがとうございます。
  4. 突然お願いしましたのに、早速ご対応くださいましてありがとうございます。
  5. では早速取り掛からせていただきます。
  6. お預かりしました資料、早速拝見しました。
【スポンサーリンク】

「早々」「迅速」との違いは?

「早速」と同じような意味でよく見かける言葉に「早々」「迅速」があります。

「早々(そうそう)」は、「すぐ。急いで。はやばやと」という意味です。

「迅速」は「物事の進み具合が非常に速いこと。またそのさま」という意味です。

「早速」「早々」「迅速」、どれも「すぐ」という意味である点では同じですよね。

それぞれの細かい違いを見ていきましょう。

「早速」は上で見てきたような使い方をし、目上や目下に関係なく使える言葉です。

また、起こし言葉として話題に入る時や話題を転換する時に使えるという点が特徴的です。

【例文】

早速ですが、本日ご紹介したいのはこちらの商品です。

早速のご手配、ありがとうございました。

「早々」は、「早速」と同じように「すぐ」の意味で使えますが、一般的には自分の行為に対して使うか、自分と同等か目下の人に対して使う表現です。

とても身分の高い人や、すごくお世話になった方など、きちんと敬語を使わなくてはいけないような相手には、「早々」は使わない方が良い言葉です。

【例文】

  1. 早々に失礼します。
  2. 例の書類、早々に仕上げるように。

「迅速」も「すぐ」の意味で「早速」と同じように使えます。

目上の人にも使える表現です。

意味合いとしては、「(対応などが)非常に速い。素早い」というスピーディーさが強調された意味になります。

相手がものすごく早く対応してくれた、あるいは自分がとても素早く対応しますというような時に素早さを強調することができる言葉です。

【例文】

  1. 迅速なご対応、ありがとうございます。
  2. 迅速に対応させていただきます。

まとめ

身近な言葉である「早速」の意味や使い方を説明いたしました。

仕事をしていく上で、「早速」や「迅速」などを用いて、相手の対応にお礼を述べたりする機会は多いと思います。

相手に失礼のないように、適切に感謝や依頼などを伝えられるよう、こうした言葉の使い方はしっかりと理解しておきたいですね。

最後までお読みくださりありがとうございました!

【スポンサーリンク】

この記事が役にたったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

six − five =