言葉の意味と使い方

「先日来」の意味と正しい使い方!「先日来より」は間違い?【例文つき】

「先日来」の意味と正しい使い方!「先日来より」は間違い?【例文つき】

「先日来の暑さが……」

「先日来お願いしておりました件ですが……」

このように使う「先日来」という言葉。

ビジネスシーンやテレビなどでもよく耳にする言葉です。

前後の文脈から大体の意味はわかりますので、あまり気にしたことがなかったという人も多いかもしれませんね。

ですがこの「先日来」は間違った使い方をされていることもある言葉です。

ぜひ正しい使い方を確認しておきましょう。

今回は、「先日来」の意味と正しい使い方!「先日来より」は間違い?【例文つき】についてご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「先日来」の意味

「先日来」は「このあいだから今までの間」という意味です。

「せんじつらい」と読みます。

「先日」は「近い過去のある日。このあいだ」という意味の言葉です。

はっきり何日前、何週間前と決まっているわけではありません。

「先日」という場合は、だいたい数日前から一か月前ぐらいでしょうか、「この間」という感じではっきり思い出せるぐらいの近い過去を指して使う言葉です。

「来」はこの場合は接尾語で、時を表す言葉について、「その時から今まで続いている」という意味になります。

つまり、「先日来」とは「先日から今まで」、「この間から今まで」という意味になります。

他にも「来」をつける表現には次のようなものがあります。

  • 数日来(ここ数日。数日前から今日まで)
  • 昨年来(去年から今まで)
  • 一別来(最後に会ってからこのかた。この前別れてから今まで)
「先般」の意味と使い方!「先日」「過日」との違いや期間は?【例文つき】「先般はどうもありがとうございました」 このような使い方で耳にすることも多い「先般」という言葉。 ビジネスシーンはもちろん、...

「先日来」の使い方

「先日来」は先日から今までという意味で使います。

先日ということで、近い過去のある時点を指す言葉なので、はっきりいつから今日までという決まりはありません。

それだけに、なにかと使いやすい言葉だと言えるでしょう。

友達との日常会話なら「この間から~」などと言うところですが、「先日来」を使うときちんとした印象になりますので、ビジネスシーンではよく使われます。

「先日来〇〇している」なら「先日から〇〇している」、「先日来の〇〇」なら「先日からの〇〇」という意味になります。

例文で使い方を確認しておきましょう。

【例文】

  1. 先日来非常に寒かったが明日からは晴れて気温が上がりそうだ。
  2. 先日来の雨で作物の育ちが悪い。
  3. 先日来迷っていた件について、やっと心が決まった。
  4. 私は先日来東京に滞在している。
  5. 先日来お願いしております報告書の件ですが、本日中にこちらにメールでお送りいただけますでしょうか。

「先日来より」は間違い?

「先日来」の使い方として、時々「先日来より」というものを見聞きすることがあります。

「先日来よりお世話になっております」とか、「先日来より○○しました」などという形で、ビジネスシーンの会話やメールなどでも「先日来より」とする人がいます。

よくある使い方ですが、実はこの「先日来より」は間違いです。

「先日来」は「先日+来」で、「先日から今までの間」という意味です。

ですので、「先日来より」とすると、「先日から今までの間+より」となってしまいます。

「より」はつけずに「先日来」だけが適切です。

「先日来より○○している」ではなく、「先日来○○してる」となります。

「より」を使いたい場合は「先日より」、もしくは「先日から」などとするとよいでしょう。

「先日来」と「より」を同時に使うことがないようにしましょう。

✖️間違った例文

  1. 先日来よりお願いしている件ですが、いかがでしょうか。
  2. 先日来よりの暖かさのため、今頃花が咲いた。

◯正しい例文

  1. 先日来お願いしている件ですが、いかがでしょうか。
  2. 先日よりお願いしている件ですが、いかがでしょうか。
  3. 先日来の暖かさのため、今頃花が咲いた。
  4. 先日からの暖かさのため、今頃花が咲いた。

「先日来」の言い換え表現

「先日来」の言い換え表現には次のようなものがあります。

  • この間から
  • 先日から

「先日来」はビジネスシーンで使ったり、書き言葉として使うなど、少しかたい印象の言葉です。

もっとくだけた言い方をしたいときはこのような平易な言葉に置き換えるとよいでしょう。

「先般」の意味と使い方!「先日」「過日」との違いや期間は?【例文つき】「先般はどうもありがとうございました」 このような使い方で耳にすることも多い「先般」という言葉。 ビジネスシーンはもちろん、...

まとめ

「先日来」は「先日から今日までの間」という意味で使う言葉でした。

「先日」自体が近い過去のある日という意味ですので、きっちり何日前ということはありませんが、それだけに何かと使いやすい言葉ではないでしょうか。

ビジネスシーンでもよく登場しますので、しっかり理解して機会があれば使ってみてくださいね。

最後までお読みくださりありがとうございました!

ABOUT ME
三角 彩子
大学卒業後、出版社にて秘書・経理補助などの職種を経験。 退職後は塾講師、高校国語(現代文、古文、漢文) の添削指導員などを経て、長女を出産後は在宅でライターをしています。 社会人経験や国語の知識を活かし、秘書検定やビジネスマナー、国語などに関するライティングを主に行なっています。