「先方様」はおかしい?「先方」の正しい意味と使い方!

「先方に確認します」

ビジネスシーンで使うことの多い「先方」という言葉があります。

相手のことを表す言葉だということはわかると思います。

また、「先方様」という使い方もしばしば耳にしますね。

ビジネスシーンでは敬語を用いるのが当たり前です。

この場合も、相手のことを敬って「様」をつけているということはわかります。

ですが、この「先方様」は、実は間違った使い方だということをご存知でしょうか。

多くの人が使っている「先方様」ですが、正しく使うためにはどのように言えばよいのでしょうか。

ぜひ知っておきたいですね。

今回は、「先方様」はおかしい?「先方」の正しい意味と使い方!についてご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「先方」の意味

「先方」は「相手の人」「前の方」という意味です。

「せんぽう」と読みます。

ビジネスシーンでよく使うのは「相手の人」という意味の方でしょう。

相手先、相手方を指す言葉です。

「先方」の使い方

「先方」はその場にいない第三者を指して「相手方」という意味で使う言葉です。

【例文】

  1. 面談の日程を先方に確認しました。
  2. 先方へメールで問い合わせる。
  3. 先方の都合で明日の打ち合わせは延期することになった。
  4. これが先方からいただいた見積書です。
  5. 直接先方に出向いて打ち合わせをしてきます。

このように、相手方のことについて社内で報告したり連絡したりする際に使うことが多い言葉です。

「先方様」はおかしい?

「先方」は「先方様」という言い方をされることがしばしばあります。

「先方」が「相手」という意味なので、丁寧に「様」をつけているわけですね。

ですが、この「先方様」はおかしな使い方なのです。

なぜなら、「先方」自体がその場にいない第三者を指して言う言葉なので、敬語表現自体がないのです。

「先方」は個人名や会社名など個人を特定する言葉ではなく、「相手」という意味の言葉ですから個人名のように「様」をつけるのはおかしいですね。

取引先などに対して敬語を使いたいという気持ちから「先方様」と言ってしまうのでしょうが、この「様」は不必要です。

また、「先方」は相手方のことについて、社内など身内で話すときに使う言葉です。

つまり、取引先やお客様など、相手に向かって直接使う言葉ではありません。

ですから、社内で使うのはもちろん、相手に向かって「先方様」と言うのはますますおかしいということです。

「先方様」の正しい言い方

「先方様」はおかしな使い方でした。

相手に向かって直接会話や文章で「あなた」「あなた方」と言いたい場合は

  • ○○さん
  • ○○さま
  • 御社
  • 貴社

などと言うようにしましょう。

また、身内の会話やメールで、先方のことを言うときは

  • 先方

でよいということです。

また、二つの取引先のやりとりの仲介をしている場合など、一方のことをもう一方に言うのにどうしても敬語を使いたい、と言うような場合は

  • 先様(さきさま)

という言い方もあります。

あまり一般的ではないですが、「先方」を丁寧にした表現です。

「先方」の類義語

「先方」の類義語には次のようなものがあります。

  • 相手
  • 相手方
  • 向こう
  • あちら
  • 取引先

いずれも第三者を指して言う言い方です。

「先方」の対義語

「先方」の対義語には次のようなものがあります。

  • 当方(とうほう)
  • 私共
  • こちら

「当方」は「自分の方。こちら」という意味です。

「私」という個人的な立場ではなく、自分の属するグループという意味になります。

また、状況に合わせて、「私」や「弊社」「弊店」などの方がふさわしい場合はそちらを使った方がよいでしょう。

まとめ

「先方様」が間違った使い方だということを知って驚いた方も多かったかもしれませんね。

「先方」はあくまでも第三者を指して身内で使う言葉であるということを覚えておきましょう。

「先方」なのか、「御社」や「○○様」なのか……。

相手や状況に合わせて、相手方のことを何と呼ぶのかを判断して、「先方」のような言葉をスマートに使いこなして行きたいですね。

ぜひ参考になさってください。

最後までお読みくださりありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事



仕事ですぐ使える語彙力

【ベストセラー1位】

アマゾン語彙力本のなかで一番売れている本。
敬語でなんて返したらいいかの受け答えが書いているだけでなく、他の言い換え表現もいくつか載っているので読むだけでかなり語彙力アップが期待できます。30万部突破も納得の内容。

敬語の意味がしっかりと書かれていて、プラスワンの豆知識や類義語などもあるのでちゃんと理解して言葉を選べるようになります。
挨拶、メールなどビジネスシーンを網羅しているので、お得感のある一冊。

前作の「大人の語彙力が使える順できちんと身につく本」の続編で、よくある場面順になんと表現したらいいかがイラスト入りで解説されているので、前作よりさらに読みやすさがアップ。
「こんなとき、なんて言うんだっけ?」という時は、場面を探して辞書のように使える一冊。

大人の対応は「返し」が違う

職場、友人など、人間関係における40の悩みを、大人の対応力で解決。
もう、むやみに悩まない、傷つかない、腹も立たない。嫌味さえもサラリとかわす。
大人の対応ができれば、あなた自身がもっと楽になる。

この記事が役にたったらシェア!