言葉の意味と使い方

「先方様」はおかしい?「先方」の正しい意味と使い方!【類義語・対義語】

「先方に確認します」

ビジネスシーンで使うことの多い「先方」という言葉があります。

相手のことを表す言葉だということはわかると思います。

また、「先方様」という使い方もしばしば耳にしますね。

ビジネスシーンでは敬語を用いるのが当たり前です。

この場合も、相手のことを敬って「様」をつけているということはわかります。

ですが、この「先方様」は、実は間違った使い方だということをご存知でしょうか。

多くの人が使っている「先方様」ですが、正しく使うためにはどのように言えばよいのでしょうか。

ぜひ知っておきたいですね。

今回は、「先方様」はおかしい?「先方」の正しい意味と使い方!についてご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「先方」の意味

「先方」は「相手の人」「前の方」という意味です。

「せんぽう」と読みます。

ビジネスシーンでよく使うのは「相手の人」という意味の方でしょう。

相手先、相手方を指す言葉です。

「クライアント」「ユーザー」に様を付けた呼び方はおかしい?さん付けは?仕事をしていく中で、相手のことを「様」をつけて呼ぶことはよくありますよね。 「◯◯様」と名前で呼ぶのはもちろんですが、「お客様」「...

「先方」の使い方

「先方」はその場にいない第三者を指して「相手方」という意味で使う言葉です。

【例文】

  1. 面談の日程を先方に確認しました。
  2. 先方へメールで問い合わせる。
  3. 先方の都合で明日の打ち合わせは延期することになった。
  4. これが先方からいただいた見積書です。
  5. 直接先方に出向いて打ち合わせをしてきます。

このように、相手方のことについて社内で報告したり連絡したりする際に使うことが多い言葉です。

「先方様」はおかしい?

「先方」は「先方様」という言い方をされることがしばしばあります。

「先方」が「相手」という意味なので、丁寧に「様」をつけているわけですね。

ですが、この「先方様」はおかしな使い方なのです。

なぜなら、「先方」自体がその場にいない第三者を指して言う言葉なので、敬語表現自体がないのです。

「先方」は個人名や会社名など個人を特定する言葉ではなく、「相手」という意味の言葉ですから個人名のように「様」をつけるのはおかしいですね。

取引先などに対して敬語を使いたいという気持ちから「先方様」と言ってしまうのでしょうが、この「様」は不必要です。

また、「先方」は相手方のことについて、社内など身内で話すときに使う言葉です。

つまり、取引先やお客様など、相手に向かって直接使う言葉ではありません。

ですから、社内で使うのはもちろん、相手に向かって「先方様」と言うのはますますおかしいということです。

社会人なら知っておきたい職場で使う言葉15選(人事や報告・日常で使われる言葉)
社会人なら知っておきたい職場で使う言葉15選(人事や報告・日常で使われる言葉)仕事をしていく上で、職場でよく使われる言葉というものがありますよね。 新社会人は特に、今まで学生生活では使わない言葉が多いですよね...

「先方様」の正しい言い方

「先方様」はおかしな使い方でした。

相手に向かって直接会話や文章で「あなた」「あなた方」と言いたい場合は

  • ○○さん
  • ○○さま
  • 御社
  • 貴社

などと言うようにしましょう。

また、身内の会話やメールで、先方のことを言うときは

  • 先方

でよいということです。

また、二つの取引先のやりとりの仲介をしている場合など、一方のことをもう一方に言うのにどうしても敬語を使いたい、と言うような場合は

  • 先様(さきさま)

という言い方もあります。

あまり一般的ではないですが、「先方」を丁寧にした表現です。

「どちら様」「どなた様」丁寧で敬語として正しいのはどっち?
社長様・会長様はおかしい?メールや電話での正しい呼び方は?突然ですが、取引先の社長にメールを送る時、出だしの宛名部分はどうしますか? 社長にメールすることなんてないよ、と思う方もいるかもし...

「先方」の類義語

「先方」の類義語には次のようなものがあります。

  • 相手
  • 相手方
  • 向こう
  • あちら
  • 取引先

いずれも第三者を指して言う言い方です。

「先方」の対義語

「先方」の対義語には次のようなものがあります。

  • 当方(とうほう)
  • 私共
  • こちら

「当方」は「自分の方。こちら」という意味です。

「私」という個人的な立場ではなく、自分の属するグループという意味になります。

また、状況に合わせて、「私」や「弊社」「弊店」などの方がふさわしい場合はそちらを使った方がよいでしょう。

まとめ

「先方様」が間違った使い方だということを知って驚いた方も多かったかもしれませんね。

「先方」はあくまでも第三者を指して身内で使う言葉であるということを覚えておきましょう。

「先方」なのか、「御社」や「○○様」なのか……。

相手や状況に合わせて、相手方のことを何と呼ぶのかを判断して、「先方」のような言葉をスマートに使いこなして行きたいですね。

ぜひ参考になさってください。

最後までお読みくださりありがとうございました!

ABOUT ME
三角 彩子
大学卒業後、出版社にて秘書・経理補助などの職種を経験。 退職後は塾講師、高校国語(現代文、古文、漢文) の添削指導員などを経て、長女を出産後は在宅でライターをしています。 社会人経験や国語の知識を活かし、秘書検定やビジネスマナー、国語などに関するライティングを主に行なっています。