言葉の意味と使い方

「趣旨」と「主旨」の違いは?意味と使い分け方や「目的」との違い|例文

「趣旨」と「主旨」の違いは?意味と使い分け方や「目的」との違い|例文

「趣旨」と「主旨」は、どちらも同じ「しゅし」と読む言葉です。

どちらもビジネスシーンでよく用いられますので、混同してしまいがちではないでしょうか。

同じような意味だろうと、区別せずに使っている人もいるかもしれませんが、実は意味に違いがあるんです。

今回は、「趣旨」と「主旨」の違いは?意味と使い分け方や「目的」との違い|例文についてご説明いたします!

「趣旨」と「主旨」の違いは?

「趣旨」と「主旨」はどちらも「しゅし」と読みます。

また、ビジネスシーンなど、使う場面も似ていますので区別がつきにくいですね。

この「趣旨」と「主旨」の違いは

  • 「趣旨」は目的、理由という意味を含む
  • 「主旨」は内容の中心となる事柄

という点です。

それぞれについて、詳しくみてききましょう。

「趣旨」の意味と使い方

「趣旨」は「ことを行うにあたっての、もとにある考えや狙い。文章、話などで述べようとしている肝心な事柄」という意味です。

「しゅし」と読みます。

「趣」は、「趣味」や「情趣」といった「おもむき」という意味のほか、「ねらい。考え。わけ」といった意味もあり、こちらの意味で「趣旨」に使われています。

「旨」は「旨い」のほか、「こころざし。考え。意向」という意味もあります。

「趣旨」は「狙い」「考え」「目的」という意味合いがあることがわかりますね。

物事を行うにあたっての、狙いや目的ということを表します。

【例文】

  1. 今のは会議の趣旨にそぐわない発言だ。
  2. 彼の発言の趣旨がわからない。
  3. 打ち合わせの趣旨を明らかにしてください。
「核心をつく」の意味とは?「核心」の使い方を例文つきで解説【類義語・対義語】 
「核心をつく」の意味とは?「核心」の使い方を例文つきで解説【類義語・対義語】 「核心をつく質問」 「物事の核心をつく」 このように使われる「核心をつく」という言葉があります。 少しかたいイメージの...

「主旨」の意味と使い方

「主旨」は「考えや話などの、中心となる事柄」という意味です。

こちらも「しゅし」と読みます。

「主」は「おもな。中心になるもの」ということです。

「旨」は「趣旨」の「旨」と同じで、「こころざし。考え。意向」といった意味の漢字です。

「主旨」は、「おもな考え」ということになりますね。

文章や話の、中心になる肝心なところ、そこが言いたいのだ、というポイントとなるところを表します。

【例文】

  1. 会議の主旨を報告する。
  2. 論文の主旨がわかりにくい。
  3. 簡潔に話の主旨を教えてください。

「趣旨」と「主旨」の使い分け方

「趣旨」と「主旨」、それぞれの意味はおわかりいただけたでしょうか。

使い分け方は次のようになります。

  • 「趣旨」は「目的」や「狙い」を指して使う
  • 「主旨」は「中心となること」を指して使う

例えば「話の趣旨」「話の主旨」というように、同じような場面で同じ言葉につけて使えることもあります。

ですが、この場合はそれぞれ「話の狙い・目的」、「話の中心となるところ」となり、意味が違ってきます。

同じように「会議の趣旨」「会議の主旨」など、ビジネスシーンでもどちらも使うことがありますので前後の文脈などにも気をつけて判断しましょう。

ビジネスシーンでは、「しゅしをご理解いただきたく……」という言い回しがよく使われます。

この場合の「しゅし」は、多くの場合「趣旨」です。

「趣旨をご理解いただきたい」というのは、「話の目的や意図を理解してほしい」という意味になります。

「主旨をご理解いただきたい」では、「話の中心を理解してほしい」という意味になりますので、あまりこれは使わないでしょう。

「趣旨」も「主旨」も、どちらも話などの中心のことを指して使います。

ですが、「趣旨」の方には「目的」という意味が含まれているという違いがありますので、「趣旨」の方が広く使われます。

どうしても迷ってしまったら「趣旨」の方を使うとよいでしょう。

「目的」との違い

「趣旨」と「主旨」は、「目的」とどうちがうのでしょうか。

  • 「趣旨」は「あることを行う理由」
  • 「主旨」は「中心となること」
  • 「目的」は「成し遂げようと目ざす事柄」

それぞれの意味はこのようになります。

「趣旨」はある事柄についての理由です。

「会議の趣旨」であれば、その会議を行う経緯や理由、狙いです。

「会議の主旨」なら、その会議の中心となる議題などですね。

一方、「目的」というのは目指している事柄、最終的に到達したいゴールのことを言います。

「会議の目的」であれば、その会議をして目指したいゴール、こういうことの結論をだしたい、といったことになります。

特に「趣旨」と「目的」は同じように使われることもあり、どちらでも通じるということも多いですが、厳密にはこのように違いがあります。

「趣旨」と「主旨」の類義語

「趣旨」と「主旨」の類義語には次のようなものがあります。

  • 意義(言葉によって表される意味、内容)
  • 大綱(根本的な事柄)
  • 趣意(物事をはじめる時の考え)
  • 論旨(議論の要旨)
  • 主意(中心となる考え。ねらい)
  • 要旨(言い表そうとするもっとも大切な点)
  • 要点(物事の大切な箇所)
  • ポイント(要点)

まとめ

「趣旨」と「主旨」の違いはおわかりいただけたでしょうか。

「趣旨」はあることをする理由や目的を意味する言葉で、「主旨」は理由や目的というニュアンスは含まず、単に「ものごとの中心」ということを意味しています。

よく似ていますので混同しやすいですが、ぜひ意識して区別してみてくださいね。

最後までお読みくださりありがとうございました!

ABOUT ME
三角 彩子
大学卒業後、出版社にて秘書・経理補助などの職種を経験。 退職後は塾講師、高校国語(現代文、古文、漢文) の添削指導員などを経て、長女を出産後は在宅でライターをしています。 社会人経験や国語の知識を活かし、秘書検定やビジネスマナー、国語などに関するライティングを主に行なっています。
error: Content is protected !!