【取り急ぎご連絡まで・ご報告・お礼・失礼】の正しい使い方!目上の人にも使える?

ビジネスメールの中で、急いで用件のみを伝える場合に用いられる「取り急ぎ〇〇まで」という文章ってよく目にしますよね?

毎日、膨大なメールのやり取りがある忙しい現代。

そんな時、用件のみを優先的に、シンプルかつ端的に相手に伝えたい場合に重宝するのが「取り急ぎ〇〇まで」という言葉ですよね。

でも、この「取り急ぎ〇〇まで」という言葉は、見て分かるように文章が途中で終わっている言葉ですよね。

便利な言葉ですが、省略した文章を目上の人に使ってよいのでしょうか?

ちょっと疑問ですよね。

というわけで、今回は【取り急ぎご連絡まで・ご報告・お礼・失礼】の正しい使い方!についてご説明致します!

【スポンサーリンク】

「取り急ぎご連絡まで」の正しい使い方

「取り急ぎ」を辞書で引くと、「とりあえず」という意味です。

「とりあえず」とは、本来行うべき事柄を行えていない状況下だが、その中で優先すべきものを先に行う、という意味ですよね。

つまり、「取り急ぎご連絡まで」という言葉は、十分な対応が出来ずに申し訳ありませんが、理解してくださいという意味合いが含まれているのです。

基本的には、ビジネスメールで使っても大丈夫な文章です。

しかし、いつでも使っても良いというわけではありません。

例えば、メールが届いたので確認した事を急いで伝えたい場合、日程が変更したので急いで連絡する場合など、あくまで急ぎの連絡が必要な場合に限って使うのが好ましいと言えるでしょう。

【類語】

  • 取り急ぎご報告まで
  • 取り急ぎご案内まで
「取り急ぎ連絡まで」とメールで伝えたら、後日、必ずその内容についてフォローを入れるのが大切です。

とりあえず連絡したからOKではなく、後で相手に伝えたい内容の詳細をしっかりと伝える事が大切です。

形式的な文章のやりとりだけではなく、小まめなコミュニケーションを図ってこそ円滑な関係を築く事が出来ますよね。

「取り急ぎご連絡まで」は目上の人に使っても良い?

結論から言うと、目上の人には使わない方が無難だと言えます。

また、取引先やお客様にも使わない方が良いでしょう。

何故なら、前述したように「取り急ぎ」は「とりあえず」という意味で、応急処置的な意味合いがあります。

お互いの仕事の事情や忙しい状況などをよく理解している間柄であれば、失礼には当たりません。

しかし、よく知らないにも関わらず、「取り急ぎ」という言葉を使うと、相手をぞんざいに扱っているという間違った印象を与えかねません。

部下や、よく知った間柄でのみ使用するようにしましょう。

そうは言っても上司やお客様に取り急ぎ連絡したい場合ってありますよね。

そういう場合は、「取り急ぎご連絡まで」と省略するのではなく、「まずご連絡まで申し上げます」、「まずご報告のみにて失礼致します」などを使ってみましょう。

このように文章を省略せず、最後まで書くと丁寧な印象を与えることが出来ます。

是非、使ってみて下さい。

【例文】

  1. まずはご連絡のみにて失礼いたします。
  2. まずはご案内申し上げます。
「取り急ぎお礼まで」は使っても良い?

何かお礼をしたいけれども、とりあえず急いでお礼の気持ちだけを伝えたい時、メールで「取り急ぎお礼まで」と使う人がいます。

意外とよく目にする言葉ですが、実はマナー違反になるんです。

何故かというと、心を込めてすべきお礼を「とりあえず」しておく訳ですから、相手にとって不快な言葉になってしまう可能性がありますよね。

せっかくお礼の気持ちを伝えたいのに、誤解されてしまっては元も子もないですよね・・・。

お礼を伝えたい場合は、「取り急ぎ」を使わずに、「まずは御礼申し上げます」と書くのが良いでしょう。

【スポンサーリンク】

まとめ

いかがでしたか?

意外と使い慣れているようで、意味を調べてみると失礼に当たる言葉もたくさんありますよね。

仕事上のメールでは同僚や部下などには、「取り急ぎ〇〇まで」という言葉を使い、上司などには「まずはご連絡まで申し上げます」と使い分けてみましょう。

どちらにしても、小まめな連絡を取り合って相手との円滑なコミュニケーションを築きたいですね。

宜しければ参考にしてみて下さい。

【スポンサーリンク】

この記事が役にたったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 − 14 =