文章・メール言葉

「つきましては」の使い方!改行して文頭で使うのはあり?ビジネスや謝罪文での言い回し

「つきましては」の使い方!改行して文頭で使うのはあり?ビジネスや謝罪文での言い回し

「つきましては」はビジネスの場でよく使う言葉ですよね。

改まった場での会話や、文書の中でよく使います。

この「つきましては」ですが、よく見聞きする割には「つきましては」自体の意味はよくわからないという人も多いかもしれません。

「つきましては」とは一体どういう意味の言葉なのか、例文などを交えて解説したいと思います。

今回は、「つきましては」の使い方!改行して文頭で使うのはあり?ビジネスや謝罪文での言い回しについてご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「つきましては」の意味

「つきましては」は「ついては」の丁寧な言い方です。

「ついては」は、

  • 「話題としている内容を指して使う言葉」
  • 「前に述べた事柄から、次に述べる事柄が起こるか、必要となるときに使う言葉」です。

漢字で書くと「就きましては」となります。

「さしあたり」の意味とビジネスでの使い方!「ひとまず・とりあえず」との使い分け方
「さしあたり」の意味とビジネスでの使い方!「ひとまず・とりあえず」との使い分け方仕事をしていて、「さしあたり」という言葉を見聞きすることがありますよね。 「さしあたり○○します」 「さしあたって重要なのは...

「つきましては」の2つの使い方

「つきましては」には大きくわけて二つの使い方があります。

「○○につきましては」と、「つきましては、~」という使い方です。

1、内容を指し示す使い方

「その件につきましては」と言った風に、話題としている内容を指して「つきましては」を使うことができます。

「○○については」よりも丁寧な表現ですので、目上の人へやビジネスシーンでも使えます。

【例文】

  1. その件につきましては、ただいま調査中です。
  2. 3月8日午前に会議を行います。時間につきましては調整中ですので、改めてご連絡いたします。

2、接続詞としての使い方

もうひとつの「つきましては」の使い方は、接続詞として使うというものです。

文頭で「~。つきましては、~」という風に使います。

これは、それまでの話の内容をもとに、次の話に移るときに使います。

「そのため」とか「そこで」「そういうわけで」などと置き換えるとわかりやすいでしょう。

「○○です。つきましては」の後には依頼の内容が続くことが多いです。

「○○なので、~していただけませんでしょうか」という意味合いになることが多いので、こう言われたら注意して聞きましょう。

【例文】

  1. このような企画が提案されました。つきましては、明日のミーティングで詳細を説明いたします。
  2. このたび、○○さんが××賞を受賞されました。つきましては、祝賀会を開催いたしますので、ぜひご参加ください。
【取り急ぎご連絡まで・ご報告・お礼・失礼】の正しい使い方!目上の人にも使える?
【取り急ぎご連絡まで・ご報告・お礼・失礼】の正しい使い方!目上の人にも使える?ビジネスメールの中で、急いで用件のみを伝える場合に用いられる「取り急ぎ〇〇まで」という文章ってよく目にしますよね? 毎日、膨大なメ...

改行して文頭で使うのはあり?

「つきましては」には二つの使い方がありましたね。

そのうち、接続詞として使う場合は「○○です。つきましては、~」という形になることが多いです。

この「つきましては」を文書やメールで書く場合、改行をしたほうがいいのか、前の文章に続けて改行しないほうがいいのか、迷ってしまうかもしれません。

どちらでも内容に変わりはないので、改行はしてもしなくても間違いではありません。

ですが、「つきましては」の後には依頼やお知らせなどの本題が続きます。

大事な内容なので、「つきましては」の前に改行を入れたほうが読みやすく、伝わりやすくなります。

【例文】

さて、この度弊社では新製品「○○」を発売いたすこととなりました。

「○○」は、これまでの製品よりも格段に小型化・軽量化を実現し、持ち運びに便利である点が最大のポイントとなっております。

つきましては、一般販売に先立ちご高覧いただきたく、下記の通り発表会を開催したいと存じます。

ご多忙のところ恐縮ですが、何卒ご来臨賜りますようお願い申し上げます。

ビジネスや謝罪文での言い回し

「つきましては」は、ビジネスシーンで非常によく使う言葉です。

中でも依頼や謝罪といった大事な場面で使うことも多いので、そうした場面での言い回しを例文で確認しておきましょう。

ビジネスでの言い回し

ビジネスシーンで「つきましては」を使う場合、「○○の件につきましては」という言い回しが多用されます。

  • その件につきましては
  • ○○の件につきましては

謝罪文での言い回し

謝罪文で「つきましては」を使うときは、まず謝罪の言葉や原因を述べます。

そのあと、「つきましては」として、その対処法を説明すると良いでしょう。

【例文】

この度は、お買い上げいただいた「○○」に不具合がありましたことについて、深くお詫び申し上げます。

つきましては、早急に新しい商品と交換をさせていただきたく、お手数ではございますが下記の宛先まで、着払いにて商品をお送りくださいますようお願いいたします。

「つきましては」の言い換え表現

「つきましては」の言い換え表現には次のようなものがあります。

【「○○につきましては」の言い換え】

  • ~におかれましては
  • ~に関しましては
  • ~するにあたりましては

【「つきましては、~」の言い換え】

  • ですので
  • そのため
  • そこで
  • これにより
  • そういうわけで
  • それゆえ
  • 従いまして

まとめ

「つきましては」は、気軽な日常会話の中では使わない言葉ですが、ビジネスなどの改まった場では非常に使うことの多い便利な言葉です。

ぜひ正しい使い方を理解して、使ってみてくださいね。

最後までお読みくださりありがとうございました!

ABOUT ME
三角 彩子
大学卒業後、出版社にて秘書・経理補助などの職種を経験。 退職後は塾講師、高校国語(現代文、古文、漢文) の添削指導員などを経て、長女を出産後は在宅でライターをしています。 社会人経験や国語の知識を活かし、秘書検定やビジネスマナー、国語などに関するライティングを主に行なっています。