言葉の意味と使い方

「ご一考」の意味と使い方!ビジネスメールや上司に使ってもOK?|例文つき

「ご一考」の意味と使い方!ビジネスメールや上司に使ってもOK?|例文つき

「ご一考」は、ビジネスシーンでもよく見聞きすることがある言葉です。

話し言葉だけでなく、メールなどの文章中でも用いられています。

仕事の場で使う機会のある言葉ですので、ぜひ正しい意味や使い方を確認しておきましょう。

今回は、「ご一考」の意味と使い方!ビジネスメールや上司に使ってもOK?|例文つきについてご説明いたします!

「ご一考」の意味

「ご一考」は「一度考えてみること」という意味の「一考」に尊敬語の「ご」がついたものです。

「ご一考」は「一度考えてみてください」という敬語表現です。

「ごいっこう」と読みます。

「いちこう」ではなく「いっこう」という発音になりますので正しく覚えておきましょう。

「ご一考」は相手への敬意を込めて「一度考えてみてください」という意味を表す言葉です。

>>「思案」と「検討」の違いは?意味と使い方や言い換え表現|例文

「ご一考」の使い方

「ご一考」は、相手に向かって「一度考えてみてください」という時に使います。

「一考」だけであれば、

  • 「一考を要する」
  • 「一考に値する」

など色々な使い方がありますが、この場合は「ご」がついていますので敬語です。

ですので

  • 「ご一考ください」
  • 「ご一考いただきたく存じます」
  • 「ご一考いただければ幸いです」

など、相手に向かって会話やメールなどの中で使うことが多いです。

敬語ですので家族や友達に使う気軽な言葉ではなくて、丁寧な言葉遣いの中で使います。

>>「勘案」の意味と使い方!「検討」との違いは?【類義語・例文つき】

ビジネスメールや上司に使ってもOK?

「ご一考」は「ご」がついた丁寧な言葉なので、目上の人に対して使うことができます。

むしろ、敬語なので目下の人に使う方が不自然でしょう。

ビジネスシーンであれば、ビジネスメールや上司、取引先などに対して使うことができます。

新しい仕事など、何かを提案したり依頼したりするときに使います。

「ご一考ください」「ご一考いただきたく」といった言い回しで使い、丁寧な言い方になります。

「ご一考ください」は、「一度考えてみてください」という意味なので、失礼な言葉ではありません。

上司や取引先、お客様などに使うことができます。

ですが、人によっては「考えてください」と少し命令口調、上から目線だととらえる人もあるようです。

気になる場合は

  • ご一考いただけますでしょうか
  • ご一考いただけますと幸いです

などのように、より丁寧な言い回しにするか、「ご検討」など他の言葉に言い換えることも考えられます。

「恐れ入りますが」などのクッション言葉を添えてもよいでしょう。

「ご一考」の例文

  1. こちらの企画について、ぜひご一考ください。
  2. 先日の件、なにとぞご一考いただきたく存じます。
  3. デザイン案をお送りします。ご一考くださいますようお願いいたします。
  4. いくつかのプランをご用意しましたので、ぜひご一考いただければ幸いでございます。

「ご一考」の類義語や言い換え表現

「ご一考」の類義語には次のようなものがあります。

  • ご検討(検討=物事をよく調べて考えること)
  • ご賢慮(賢慮=賢明な考え)
  • ご勘案(勘案=あれこれ考えあわせること)
  • ご考慮(そのことをよく考えてみること)
  • ご斟酌(斟酌=相手の事情や心情を汲み取ること)
  • ご配慮(配慮=心を配ること、心遣い)

「ご一考ください」を言い換えるなら

  • お考えください
  • ご検討ください
  • ご検討いただければと存じます

などがあります。

上の類義語を色々と当てはめて「ご勘案ください」とか「ご斟酌いただければ幸いです」などと言い換えるとよいでしょう。

「ご一考」はかたい印象の言葉ですので、あまりかしこまらない会話の中では「お考えください」などとしてもよいですね。

「ご一考」の対義語

「ご一考」は「一度考えてみてください」という意味の敬語なので、対義語はありません。

「一考(一度考えてみること)」の対義語であれば次のようになります。

  • 熟考(よくよく考えること)
  • 再考(同じ問題などをもう一度考え直すこと)

まとめ

「ご一考」は、「一度考えてみてください」という意味を表す言葉でした。

相手への敬意を込めた敬語ですので、ビジネスシーンで使うことができます。

「ご一考ください」や「ご一考いただきたい」などでは上から目線に感じられて気になるという場合は、「ご一考いただければ幸いです」「ご一考いただきたく存じます」など、さらに丁寧な言い方にするとよいでしょう。

ぜひうまく使ってみてくださいね。

最後までお読みくださりありがとうございました!

ABOUT ME
三角 彩子
大学卒業後、出版社にて秘書・経理補助などの職種を経験。 退職後は塾講師、高校国語(現代文、古文、漢文) の添削指導員などを経て、長女を出産後は在宅でライターをしています。 社会人経験や国語の知識を活かし、秘書検定やビジネスマナー、国語などに関するライティングを主に行なっています。
error: Content is protected !!