「頑張って下さい」の目上の人への伝え方は?違う言い方はある?

「頑張ってください」

誰かを応援したいとき、このように言葉をかけますよね。

友達や子供を応援するときは「頑張れー!」でも、上司に言うときは「お仕事頑張ってください!」なんて言うと思います。

応援したいという好意で言う言葉ですが、実はこの「頑張ってください」は、正しい敬語ではないと言われているんです。

ビジネスシーンでは上司だけでなく取引先やお客様など、敬語を使わなくてはいけない目上の相手も多いと思います。

「頑張ってください」が失礼にあたるのならば、どのように言えばいいのでしょうか?

今回は、「頑張ってください」の目上の人への伝え方は?違う言い方はある?についてご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「頑張ってください」は目上の人に使ってもOK?

結論から言うと、「頑張ってください」は目上の人には使わない方がいい言葉です。

まずは「頑張ってください」の意味から考えてみましょう。

「頑張る」は「忍耐して努力しとおす」という意味です。

ですから、「頑張ってください」は「忍耐して努力してください」ということになります。

なんだか目下から目上の人に言うにはちょっと不自然な感じがします。

「ください」という丁寧な表現が付いているものの、「困難に耐えてください」「努力してください」と言っていることになりますよね。

「耐えろ」とか「努力しろ」というのは上司や先生など上の立場から、下の者に向かっていう言葉です。

また、「頑張って」は頑張る相手を労わる気持ちを表す言葉でもあります。

基本的に「労り(いたわり)」というのは目上から目下へ向けた行為ですよね。

ですから、「頑張ってください」は「ください」が付いた丁寧な言葉ではありますが、目上の人に向かって使う敬語ではないということになります。

「頑張ってください」は、そうは言っても耳慣れた使いやすい言葉ですよね。

「ください」が付いている分、「頑張って!」「頑張れよ」などというよりは丁寧でもあります。

取引先の社長だとか、大切なお客様だとか、明らかにきちんとした敬語で対応しなくてはいけないような人に対して「頑張ってください」は失礼に当たります。

ですが、普段から親しくしている先輩や、気さくな上司など近い関係の目上の人には「頑張ってください」で問題ないという場合もあるでしょう。

かえって後述するようなきちんとした敬語を使うと堅苦しいと感じることもあるかもしれません。

相手や状況に応じてうまく使えるとよいのではないでしょうか。

「頑張ってください」の違う言い方はある?

さて、「頑張ってください」は目上の人に対する敬語としてはよくありませんでしたね。

目上の人への言い方で迷ったら、「頑張る」を使わない方が無難です。

「頑張ってください」の言い換えの表現をいくつか挙げてみましょう。

  • ご活躍をお祈りいたします。
  • ご健闘をお祈りいたします。
  • 陰ながら応援しております。
  • うまくゆくとよろしいですね。

などがよく用いられる「頑張ってください」の敬語表現です。

「ご成功をお祈りしています」「ご健勝をお祈りしています」など、状況に合わせて色々と変えてみてもいいですね。

いずれも、相手に「頑張って」というのではなく、うまくいくように祈っている、応援しているという自分の側の気持ちを伝えていることがポイントです。

どうしても「頑張ってください」というと相手に努力を要請するような意味合いになってしまうので、婉曲な言い回しにするということですね。

例文で使い方を確認しておきましょう。

【例文】

  1. 今回のプロジェクトのご成功をお祈りしております。
  2. 新しい職場での一層のご活躍をお祈りしております。
  3. 良い結果となりますよう、陰ながら応援しております。
  4. いよいよ契約交渉の日ですね。うまくゆくとよろしいですね。
【スポンサーリンク】

「頑張ってください」の間違った言い換え

さて、「頑張ってください」は「ご活躍をお祈りいたします」や「応援しております」といった他の言い方にすることができましたね。

ですが、敬語に言い換えようとするあまり間違った言葉を使ってしまうこともあります。

  • お励みください。
  • 期待しております。

一見礼儀正しい言い回しのような感じがしますよね。

ですが、これらは目上の人に対して使うべきではない言葉です。

「お励みください」は、文法的には「お~ください」という敬語の形で問題がなさそうです。

しかし、「頑張ってください」と同じく、「励む」は「熱心に努める、力を奮い起こす」といった意味なので目下から目上にむかって「心を奮い起こして打ち込んでください」といっているようなもので、目上の人に対する敬語としてはよくないのです。

「期待しております」も、「期待」が「あてにして心待ちにする」という意味なので尊敬の意はありません。

まとめ

「頑張ってください」はよく使う言葉ですよね。

どちらかというと丁寧で好意的ないい言葉というイメージだったのではと思います。

ですが、目上の人にはあまり使うべきではない言葉だということが分かりました。

丁寧に言おうと思って、余計に失礼な印象になってしまっては損ですよね。

状況に応じて正しい敬語を使えるようになりたいですね。

最後までお読みくださりありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事



仕事ですぐ使える語彙力

【ベストセラー1位】

アマゾン語彙力本のなかで一番売れている本。
敬語でなんて返したらいいかの受け答えが書いているだけでなく、他の言い換え表現もいくつか載っているので読むだけでかなり語彙力アップが期待できます。30万部突破も納得の内容。

敬語の意味がしっかりと書かれていて、プラスワンの豆知識や類義語などもあるのでちゃんと理解して言葉を選べるようになります。
挨拶、メールなどビジネスシーンを網羅しているので、お得感のある一冊。

前作の「大人の語彙力が使える順できちんと身につく本」の続編で、よくある場面順になんと表現したらいいかがイラスト入りで解説されているので、前作よりさらに読みやすさがアップ。
「こんなとき、なんて言うんだっけ?」という時は、場面を探して辞書のように使える一冊。

大人の対応は「返し」が違う

職場、友人など、人間関係における40の悩みを、大人の対応力で解決。
もう、むやみに悩まない、傷つかない、腹も立たない。嫌味さえもサラリとかわす。
大人の対応ができれば、あなた自身がもっと楽になる。

この記事が役にたったらシェア!