言葉の意味と使い方

「専ら(もっぱら)の意味と使い方!「主として」との違いは?|例文

「専ら」という言葉をご存知でしょうか。

「もっぱら」と読みます。

よく使う人もいると思いますが、全く使わないという人もいるかもしれませんね。

ビジネスシーンや日常での会話だけでなく、法律関係でもよく使われている言葉です。

今回は、「専ら(もっぱら)の意味と使い方!「主として」との違いは?|例文についてご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「専ら(もっぱら)」の意味

「専ら」は「ある一つのことに集中するさま」「専念するさま」という意味です。

読み方は「もっぱら」です。

覚えていないと、まず「専」を「もっぱ」とは読みませんよね(笑)。

ひらがなで「もっぱら」と書かれることも多いですが、ぜひ漢字や読み方も覚えておきましょう。

「専ら(もっぱら)」の語源

この「専ら」の、語源は古語の「もはら」であると言われています。

「もはら」は「ひたすら。全く」「(打ち消しの語とともに)少しも。決して」といった意味です。

これが、時代とともに発音しやすく「っ」が入り、「もっぱら」になったということです。

「専ら」は、「それだけ」「ひたすら集中する」という意味の言葉です。

>>「あらかた」と「おおかた」の意味の違いは?方言なの?使い方を解説!【類義語・例文】

「専ら」の使い方

「専ら」は「主に」とか「専念している」という意味で使います。

  • 「専ら○○だ」
  • 「専ら○○している」
  • 「専らの○○」
  • 「専らだ」

といった使い方をします。

「専ら○○する」というのは、そのことばかりに打ち込んでいるとか、そのことを主にやっているということを表します。

「専ら○○する」という形が多いですが、他に「専らの噂」や「専らの評判」という言葉もよく使われます。

この「専らの噂」とか「専らの評判」というのは、「噂(評判)だけが行われている」とか「主にその噂(評判)ばかりである」という意味になります。

ですから、「専らの噂」や「専らの評判」は、「今一番噂(評判)になっている」「世の中がその噂(評判)でもちきりである」「その噂(評判)ばかり聞く」などということになります。

「とても噂(評判)になっている」ということを表すのによく使われる言葉なので、ぜひ覚えておきましょう。

「ひとえに~おかげ」の使い方!「ひとえに」の意味と漢字はどう書く?【例文】
「ひとえに~おかげ」の使い方!「ひとえに」の意味と漢字はどう書く?【例文】「ひとえに○○さまのおかげです」 この「ひとえに〜おかげ」という言葉、感謝を述べるときなどに使われています。 子供や若い人は...

「専ら」の例文

  1. 休日は専ら部屋でゲームをしています。
  2. 彼と話すと話題は専らキャンプのことだ。
  3. 最近の食事は専らコンビニ弁当です。
  4. 彼が昇進するらしいと専らの噂だ。
  5. 新しくできたあのレストランは、とても美味しいと専らの評判だ。
  6. 彼女が通勤に使うのは専ら自家用車だ。
  7. 週末は専らサッカーの練習に励んでいる。

「主として」との違いは?

「専ら」に似た言葉に「主として」があります。

「専ら」も「主として」も、100パーセントではないけれど、大部分のところ、という意味で使われます。

どちらも「おもに」「おおむね」といった意味ですね。

同じ意味で使われることも多いですが、違いをあげると次のようになります。

  • 「専ら」は「他のことは差し置いて、そのことだけに集中しているさま」
  • 「主として」は「全体の中で大きな部分を占めるもの。優先して行うもの」

「専ら」は、「主として」という意味で使うこともありますので同じ意味と言えます。

ですが、「専ら」は「ひたすら」「専門的に」という、それだけを集中して行うという意味でも使いますので、そこが違いになります。

「専ら」は、法律用語としてもよく使われます。

法律関係で「専ら」は、「主として」という意味で使われます。

100パーセントではないが、おおむねそのような状態である、大部分のところを占めているというような意味です。

はっきり何パーセント、などという定義はありませんが、だいたい8割ぐらい~という意味で用いられているということです。

「及び」と「並びに」の意味と使い方!違いや使い分け方【類義語・例文つき】
「及び」と「並びに」の意味と使い方!違いや使い分け方【類義語・例文つき】「及び」と「並びに」はどちらも物事を並べて述べるときに使う言葉です。 ちょっとお堅い印象の言葉ですが、ビジネスシーンで、また文章中...

「専ら」の類義語

「専ら」の類義語には次のようなものがあります。

  • 主として(おもに。もっぱら)
  • 主に(大部分は)
  • ほぼ(おおかた。おおよそ)
  • あらかた(おおかた。だいたい)
  • ひたすら(ただそればかりに心を向けること)
  • ひとえに(ただそのことだけをするさま)
  • 一に(全く。ひとえに)

まとめ

「専ら」は、「ある一つのことに集中するさま」「専念するさま。主要なさま」という意味です。

読み方は「もっぱら」ですので正しく覚えておきましょう。

「専ら○○する」とか「専らの○○」という形で、会話の中でも新聞などでも出てくることがあります。

今まで使ったことがなかったという人も、ぜひ覚えおいてくださいね。

最後までお読みくださりありがとうございました!

ABOUT ME
三角 彩子
大学卒業後、出版社にて秘書・経理補助などの職種を経験。 退職後は塾講師、高校国語(現代文、古文、漢文) の添削指導員などを経て、長女を出産後は在宅でライターをしています。 社会人経験や国語の知識を活かし、秘書検定やビジネスマナー、国語などに関するライティングを主に行なっています。