日本語教師の仕事

日本語教師のなり方から資格や今後の需要、海外で働くために必要なことを解説!

日本語教師のなり方から資格や今後の需要、海外で働くために必要なことを解説!

日本のアニメや文化、日本食は各国で人気があり、日本語や日本に興味を持つ外国人は非常に増えています。

また、それらをきっかけとして実際に日本語を学びたいという人も多いです。

日本人でも日本のみならず、海外でも働くチャンスがある日本語教師は魅力的な職業といえるでしょう。

ただ、日本語教師になろう!と思っても、どうやってなれる?資格が必要?など疑問を持つことが多いのではないのでしょうか。

こちらの記事ではそんな「日本語教師」のなり方や資格、今後の需要や海外で日本語教師をするために必要なことを解説していきたいと思います。

【スポンサーリンク】

日本語教師についてよくある質問一覧

読みたい記事をクリックすると詳細ページの記事を読むことができます。

1、日本語教師ってどうやってなるの?資格は必要?独学でも大丈夫?
2、日本語教育能力検定試験ってどんな試験?受験資格や制限はあるの?
3、日本語教師は勤務先で仕事内容に違いがある?実際どうなの?
4、日本語教師は日本のことを知ることから始まる?海外の人はどういうことを知りたがる?
5、海外で日本語教師になるには?英語はどのくらい必要?
6、日本語教師の需要はある?今後の将来性について現役日本語教師が考える

 

1、日本語教師ってどうやってなるの?資格は?独学でも大丈夫?

一般的に日本語教師になるためには以下の条件が必要とされます。

  • 大学または大学院で日本語教育主専攻または副専攻を修了していること
  • 日本語教育能力試験に合格していること
  • 学位を持ち、なおかつ文化庁が受理した420時間以上の日本語教師養成講座を修了していること

学位がない場合は年に1回実施される日本語教育能力試験に合格する必要があります。

海外では日本語を話せるだけで日本語教師になれる場合もありますし、必ずしも資格が必要というわけではありません。

もし資格を取得したい場合は、日本語教師になるための資格1と3は教育機関に通う必要があるため独学は無理ですが、2の日本語教育能力試験は独学も可能です。

>>日本語教師ってどうやってなるの?詳細はコチラ

 

2、日本語教育能力検定試験ってどんな試験?受験資格や制限はあるの?

まず、受験を受けることに年齢や学歴に制限はありません。

日本語教師になりたい方や日本語教育にすでに携わっている方が対象となりますが、日本語教育に興味があって勉強している方ならどなたでも受験することが可能です。

試験は年に1回のみ(10月第3もしくは第4日曜日)実施されます。

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡の7地域のみが会場となります。

海外在住者に対する願書受付や受験地などは用意されていないため、日本への一時帰国が必要となります。

合格率は26.6%程度で決して容易な試験だとはいえません。

>>日本語教育能力検定試験ってどんな試験?の詳細はコチラ

\ユーキャンなら月々4980円で学べる!/

3、日本語教師は勤務先で仕事内容に違いがある?実際どうなの?

日本語教師としての勤務先は日本語学校だけでなく、外国人が多く働く工場での日本語教師、小学校で外国人児童に対する日本語教師などさまざまです。

そのため、勤務先や勤務形態により、仕事内容は大きく異なります。

日本にある日本語学校同様、規模によっては授業以外に運営に関わる仕事を依頼されます。

それに加え、海外の日本語教師と日本の日本語教師では準備や内容にも違いがあります。

折り紙教室や習字教室などを開いてくださいと頼まれるかもしれません。

また、運動会、子供の日、節分など日本独特のイベント開催を望まれるということもあります。

特に海外で日本語教師として働く場合には、職場に日本を作り上げるような心持ちが必要となります。

>>日本語教師は勤務先で仕事内容に違いがある?の詳細はコチラ

 

4、日本語教師は日本のことを知ることから始まる?海外の人はどういうことを知りたがる?

海外の人にとって日本語教師は日本についてなんでも聞くことのできる身近で貴重な存在です。

全世界にインターネットが普及しているといっても、日本人の生の声というものはやはり海外の人には特別なものがあります。

アニメや日本のドラマなどについてはyoutubeなどでも知っている人が多いのであまり聞かれることはありませんが、

日本の最新のテクノロジーや、食文化、神社仏閣について、また政治のことなどについて聞かれることがあります。

海外の人は愛国心が強い人も多く、自国の文化や歴史について学んでいる人も多いので、基本的な知識は勉強しておいたほうがいいでしょう。

記事詳細ページでは外国人からのよくある質問を掲載していますので、気になる方はそちらも参考にしてみてください。

>>日本語教師は日本のことを知ることから始まる?の詳細はコチラ

5、海外で日本語教師になるには?英語はどのくらい必要?

海外には日本に興味があり、日本語を勉強したいという外国人はとても多くいます。

しかし、どこでどのように応募すれば海外で働く日本語教師になれるか分からないという人も多いことでしょう。

インターネットで「日本語教師、海外、求人」などのキーワードで検索をすると、たくさんの求人情報が表示されます。

中国、ベトナムなどのアジア諸国にある語学学校や大学などが目立ちます。

メールにて必要書類などを送ることで応募が完了します。

しかし、条件をしっかりと確認しておくことが大切です。

現地に着いてから話が違うと言ってもめるケースが多々あるため、慎重に行動することが必要です。

また、ビザの問題もありますので働きたい国の就労環境を確認する必要があります。

>>海外で日本語教師になるには?の詳細はコチラ

 

6、日本語教師の需要はある?今後の将来性について現役日本語教師が考える

外国人が日本語を学びたいという動機は単に日本に興味がある、アニメが好き、日本で働きたい、日本の大学に行きたいなど実に千差万別です。

海外や日本にはいくつもの日本語学校があり、多くの日本語教師がそこで教えています。

現在は明確な日本語教師という資格は存在していないため、1人の外国人に日本語を教えているだけで「日本語教師」と名乗ったとしても問題ではありません。

そんなあいまいな立場である日本語教師に対して公的な資格を設置しようという動きがあります。

また、日本は高齢化社会で働き手を必要としているため、外国人労働者に日本語を教える人が必要になります。

政府は外国人就労者に対して日本語教師の増員が必要と考えています。

日本語教師は今後の需要も期待できますし、海外で働きたいと思っている人にはチャンスが広がる職業だと思います。



ABOUT ME
語彙力.com編集部
すべてのビジネスパーソンに向けて語彙力や仕事に関する情報を発信しています。 このサイトがあなたのビジネスパートナーになれれば幸いです。
RELATED POST