似ている言葉

「推進・促進・推奨」の違いは?意味と使い方を解説!【類義語・対義語】

「推進・促進・推奨」の違いは?意味と使い方を解説!【類義語・対義語】

「推進・促進・推奨」は、いずれも何かをすすめていくときに使う言葉です。

文字の感じも、使う場面も似通っているので混同しがちですが、この「推進・促進・推奨」にはそれぞれ意味の違いがあります。

正しく区別して使えるようにぜひ確認しましょう。

今回は、「推進・促進・推奨」の違いは?意味と使い方を解説!【類義語・対義語】についてご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「推進・促進・推奨」の意味

「推進・促進・推奨」のそれぞれの意味を簡単に言うと、

  • 「推進」は「物を前へおし進めること」
  • 「促進」は「物事がはやくはかどるようにうながすこと」
  • 「推奨」は「すぐれている点をあげて、人にすすめること」

です。

どれも「推」と「進」の字のいずれか(または両方)が使われていて、見た目も似ていますし使われる場面も似ていそうですよね。

一つづつの意味を詳しく見ていきましょう。

「履行」の意味や読み方・使い方とは?「遂行」との違いも解説!【類義語・対義語】
「履行」の意味や読み方・使い方とは?「遂行」との違いも解説!【類義語・対義語】「契約を履行する」 この「履行」という言葉は、ビジネスシーンで非常によく使われる言葉です。 はっきりした意味はわからなくても...

「推進」の意味と使い方

「推進」は「物を前へおし進めること」「事業や運動などを達成するように努めること」と言う意味です。

「すいしん」と読みます。

ジェット推進、スクリューで推進するといったように、実際に機体や船体を加速して前方に進めると言う意味もあります。

ですが、ビジネスシーンやニュース、そのほか暮らしの中で見聞きする「推進」は、事業や運動などについての「推進」であることが多いでしょう。

「推」は「前へ押し出す」「選んですすめる」「うつりかわる」「おしはかる」などの意味がある漢字です。

この場合は「前へ押し出す。おし動かす」という意味ですね。

「進」は「進む」「前へ出て行く」といった意味です。

「推進」は、事業や運動などの、ある目的が達成されるように努めるという意味の言葉です。

【例文】

  1. 当団体は、森林の整備と緑化を推進しています。
  2. 働き方改革を推進するための法律を整備する。
  3. 政府はテレワークの導入を推進している。

「促進」の意味と使い方

「促進」は「物事がはやくはかどるようにうながすこと」という意味です。

「そくしん」と読みます。

「促」は「うながす」とも読む漢字ですね。

「促進」は、促してすすめる、すすめるよう促すということですから、物事がはかどるように速めるということです。

【例文】

  1. 販売促進のためのキャンペーンのアイディアを出す。
  2. 会社の成長を促進するには、戦略的な組織づくりが重要である。
  3. ストレッチで全身の血行を促進する。

「推奨」の意味と使い方

「推奨」は「ある事物または人をほめて、他人にすすめること」という意味です。

「すいしょう」と読みます。

「推」は「押し出す」「すすめる」などの意味がありましたね。

「奨」は「すすめる。はげます。たすける」といった意味の漢字です。

「推」も「奨」もすすめる意味がある漢字なのです。

「推奨」は、物や人の良い点を挙げて人にオススメするという意味の言葉です。

【例文】

  1. このアニメは文部科学省が推奨する作品です。
  2. オンライン授業ではこのブラウザの利用が推奨されている。
  3. 小児科医の先生が推奨するランドセルを購入する。

「推進・促進・推奨」の違い

「推進・促進・推奨」はよく似ていますが、これらの違いをまとめると

  • 「推進」は「目的が達成されるよう努めること。物理的に物を前方に進めるという意味もある」
  • 「促進」は「ものごとがはやくはかどるように促すこと」
  • 「推奨」は「物や人を褒めて他人に勧めること」

となります。

「推進」は自分が主体となって、ものごとが達成できるように努めるとううことです。

それに対し「促進」は、他人を主体に、ものごとが「早く」進むように促すということを指します。

自分が主となって行うのか、他人が早くやるように促すのかという違いがありますね。

また、「促進」は早さに関係している点も違います。

「推奨」は、物事の優れている点を述べて、人に勧めることですので、結構意味が違いますね。

「微力ながらお力添え・お手伝い・尽力・お役に・頑張ります」など使い方と例文!「微力ながらお力添えさせていただきます」 このように使う「微力ながら」という言葉、よく見聞きしますよね。 ビジネスシーンで非...

「推進・促進・推奨」の類義語

【「推進」の類義語】

「推進」の類義語には次のようなものがあります。

  • 勧奨(よいことだとすすめて励ますこと)
  • 奨励(ある事柄を、よいこととして、それをするように人に強く勧めること)
  • プロモート(事業や計画を推進すること)

【「促進」の類義語】

「促進」も「推進」と類語関係にありますので、類義語も同じと言えます。

そのほかに「早める」意味を含んだ語である、

  • 促す(早く物事をするように急がす)
  • 育成(育て上げること)

などの言葉も「促進」の類語と言えるでしょう。

【「推奨」の類義語】

「推奨」の類義語には次のようなものがあります。

  • 推薦(よいものとして人にすすめること)
  • 推挙(ある官職・地位・仕事などにふさわしい人として、すすめること)
  • 薦挙(人を推薦して役職に就かせること)
  • 選奨(よいものを選んで人にすすめること)
  • 推挽(人を、ある地位や役職に推薦したり引き上げたりすること)

「推進・促進・推奨」の対義語

【「推進」の対義語】

「推進」の対義語には次のようなものがあります。

  • 抑制(あばれ出さないように押さえとめること)
  • 防止(ふせぎとめること)
  • 障害(ものごとの達成や進行のさまたげとなること)
  • 制止(させないように押さえとめること)

【「促進」の対義語】

「促進」の対義語には次のようなものがあります。

  • 抑制(あばれ出さないように押さえとめること)
  • 制止(させないように押さえとめること)
  • 抑圧(欲望・行動などを押さえつけること)
  • 阻害(じゃますること。妨げること)

【「推奨」の対義語】

「推奨」の対義語には次のようなものがあります。

  • 制止(させないように押さえとめること)
  • 抑止(それをさせないように押さえつけること)

まとめ

「推進・促進・推奨」は似た印象の言葉ですが、詳しく調べると意味の違いがありましたね。

主体となって推し進めるのは「推進」、早くはかどるように促すのが「促進」、人にオススメするのが「推奨」と、意味の違いを理解して正しく使い分けてみてくださいね。

最後までお読みくださりありがとうございました!

ABOUT ME
三角 彩子
大学卒業後、出版社にて秘書・経理補助などの職種を経験。 退職後は塾講師、高校国語(現代文、古文、漢文) の添削指導員などを経て、長女を出産後は在宅でライターをしています。 社会人経験や国語の知識を活かし、秘書検定やビジネスマナー、国語などに関するライティングを主に行なっています。